2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

いい球ってなんですか?早いカウントで打つべきボールとは何ですか?

kage

2016/04/17 (Sun)

いい球って、何ですか?

好球必打、初球からどんどん行けとは言うけれど、それで凡退しまくって5球でチェンジとかっておかしい。

だったら粘って粘って、追い込まれるまで打たないで、後半勝負ってのもありじゃないかと思うのです。


そもそもいい球って何?

どんな球なのか教えてください。










火の玉至極のメッセージ・・・







簡単です。


ヒットできる確率が高いボールを見逃すなってことなんです。



インコースが得意ならば、初球2球目は、その1点をよだれ垂らして待つ。


来たら目をくわっと見開いて、グワガラキーンと打ちのめす。


アウトコースに来たら?


見逃せばいい。









打席ごとに変えてもいい・・・





こちらの狙いが相手キャッチャーにばれちゃってる場合もあります。


狙いをアウトコースに変えておく。

そしたらインコースは見逃す。


アウトコースに来たら打つ。



球種で狙ってもいい。


打席の中で必ず変化球でカウントを整えるバカキャッチャーっています。

それが見抜けたら、ワンストライク目のストライクに対してバットをぴくっと動かして反応する。

続くカーブは、わかっていればただのスローボールです。

ぶち振りぬいて終了です。








ヒットの確率が高いボールとは?・・・






ベルトラインだ!



ベルトラインの高さなら、どんな打者でもほぼヒット。



コールドでボコされる投手。

大事なところで打たれる投手。


よく見ててほしい。


ベルトラインにボールが集まってるのだ!



あなたもこれを読んだら、ぜひ感じてほしい。


ベルトラインの打ちやすさったらない。




得意、不得意はもちろんある。

高め、低め、インコース、アウトコース。

投手だって打たれたくない。


出来るだけ裏をかき、低め(膝の高さor胸の高さ)を狙って投げ込んでくる。



しかしレベルが低ければ低いほど、投手のミスは多い。



ベルトラインには必ず来るのだ。



カウントが有利な場合。

追い込まれる前は、そういう甘い球を狙いなさいと私たち野球人は教えられるいるのです。


だからこそ、横で見ていて、ベルトラインで、しかも得意コースだろ?ってボールを見逃すと「何やってんの?」となる。


又は、ストレートを続けて見逃して、追い込まれたカーブで三振したら、「何を狙ってるの?考えて打席、立てや」となる。









確率・・・





いつの間にか壇上に上がってます目線で書いてしまっているが、どうか気にしないでほしい。




追い込まれたら8割方、投手の勝ちなのだ。


わかるだろうか?


ストライクがいらない。


真ん中から逃げるカーブでいい。

バッターは必ず振る。

しかもボールになるので、バットは届かない。

届いたとしても、やっと当てた内野ゴロ。




さらにストレートなら、アウトコース低めのボール球でいい。

審判がストライクコールをしてしまうことがあるからだ。

ボールと言われても、最初に言った真ん中から逃げるカーブで終わり。

きわどいところを突かれて、振らなきゃという思いが、一瞬甘いと思わせる真ん中を通るカーブに、くわっと目を見開いてしまう。


チャンス!

おら!

あなたの腰は曲がるボールを追いかけて崩れ落ちる。




それを投げさせないで済むのが、最初である。


まずはストライクを取らなきゃいけない投手は、ストライクコースに投げてくる。


そこで勝負できるからヒットになりやすい。


投手はいかに追い込むかを考える。

追い込んだら、もう勝ちだから。


だからその前に打てれば、あなたの勝ちとなる。



追い込んで打たれる投手は、どんな投手か?


ここまで記事を読んだら、もうおわかりですね?



ベルトラインに失投した投手です。


こういうこともあるので、あきらめないで粘りましょう。




最後にすべて打者に共通する確率をご説明して終わりたいと思います。


追い込まれるカウントより初球、2球目、3球目までに打った方が打率がいい。



これはすべての打者です。



だから3球三振とかしたら怒られる。

完敗ですから。

この打者、100%、この試合ノーヒットです。



いい投手は3球目までに、やっぱり打たれない。

4球目、5球目に持ち込むんですね。

あっという間に追い込んじゃう。



いいバッターは、そうさせない。

必ず早いカウントで打ち砕いてます。





ベルトラインはそうそう来ません。

四球の多い投手でも、なぜかストライクは膝元だったりするわけです。

それはコースを狙っているから、そうなるわけです。

ストライクだけ取るだけならば、誰でもできるんです。


ほとんどの投手は、ベルトラインでよければ、簡単にストライクを取れます。



それでも初球や2球目は、それをよだれ垂らして待ってください。


そして来たら打つ!



可能ならコースも絞っていい。


相手投手のレベルに合わせて、よりホームラン出来るボールを待ってみてください。




むずかしいボールに、無理して手を出す必要はありません。

甘いと言われるボール、すなわちあなたが、その打席で狙っているコース、球種、それがなければベルトラインの高さのボールは、見逃さず振ればいいということです。


途中、高いところに上がり、お話ししてしまい大変、失礼しました。

急いでいたので、文字数の多い、ですます調は省かせていただきました。

ご理解の方、よろしくお願いします。


ではわたくし、今日も娘のバスケットを見に行ってまいります。


お前はいつ開幕すんじゃい?という意見は置いておいてください。

もうすぐ開幕します。


ありがとうございました。
関連記事

この記事へのコメント

kage

お久し振りです♪

前回のブログと、本日のブログを拝見させて頂き、。
 素晴らしの一声です。

拙者、何を隠そう、満場一致で部長をおりました(笑)

 部長を降りた時、あーあ♪俺の実力はここまでかと、自暴自棄になって、、うつむいて降りました。はい!
 部長を降りる事で、手当も減ります。


しか~~し、うつむいているのではなく、ここは、次のステップに繋がるのではないかと考えたのです♪
 そして、行動にうつる。

(なんで、俺ばかり)ってずっと考えてました。

イチローさんも話してます。拙者、イチローさんには遥かに届かないけど、。遠い道のりが、一番の近道。この言葉凄く深いですよね。

TERUさんに叱咤激励を受けました。
 言霊の大切さを。

叱咤激励を真剣に話して下る。そこに信頼関係が構築し、凄く大切だと感じて降ります。

  まだ、まだ、未熟者ですが、幸せな人生を歩んでいきます♪

Posted at 22:52:45 2016/04/20 by 酒井寛和

この記事へのコメント

kage

良い内容でわかりやすい!

今回も良い記事をありがとうございました。今週末の試合ではベルトラインを狙ってホームラン打ってきます!(そろそろ打てました報告の予定です)

火の玉さんの開幕戦&エース奪還したぜ記事の更新も楽しみにまっておきます。

いつも楽しく読ませて頂いております。ありがとうございました。

Posted at 18:09:28 2016/04/21 by いのりん

この記事へのコメント

kage

酒井寛和さんへ

寛和さん、お久しぶりです。
ピーターの法則の通り、誰しもにその時の限界があります。
「ピーターの法則」は火の玉ブログでも書いてますので、お忘れなら「火の玉 ピーターの法則」で検索してみてください。

そんなときは1階級下げると活躍できるんですね。
自分はこの辺で1番力を発揮できるって場所で輝くのが1番です。

部長はまた力をつけたときに再挑戦すればいいです。
もちろん輝く場所があるのなら、それを極めてずっといればいいのです。
そうやってたくさんの人を助けるのもアリです。


TERUさんにも励まされましたか?
うらやましいです。
最近、TERU兄さん節を読んでいないので、ちょっとさびしいです。

今度、書き込むようにお伝えください。

ありがとうございました。

Posted at 19:17:38 2016/04/22 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

いのりんさんへ

いのりんさん、おはようございます。
ベルトの高さのボールをひっぱたくとヒットになりやすいというあくまで確率です。

長打もここから出てます。

ここを「ボールが高い」と言っています。

胸の高さは「高め」と言ったり「つり球」と言って高いわけでもなく、浮いたわけでもない。
すっぽ抜けでもないんです。

浮いた、高い、すっぽ抜けはベルトの高さを指します。

基本はひざ元の低めを狙うのがセオリーです。
そこから浮く、すっぽ抜けると真ん中のベルトラインとなります。


火の玉流だとそこを6割程度の力で叩くとバックスピンがかかってホームランになります。

どうぞお試しください。
ありがとうございました。

Posted at 08:26:05 2016/04/23 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

お久し振りです!

こんはんワイン。

1日4回火の玉ブログを覗いて
いるため、どんだけエロいサイトを
見ているんだろうと、他人に訝しげに
間違いなく思われているTERUで
ございます。

あ。青少年の健全な皆様もおみえに
なられるブログですみません。

反省は明日します。はい。たぶん。


ゲロゲロ繁忙期をやっと終えて、
抜け殻真っ白廃人になってました。

ここ数日、ボチボチエネルギー
満タンになってきましたので、
コメントさせていただきます。

何の脈絡もなくいつものように、
UFOばりに話はふらふら飛びます。

本日、会社の慰労会がありました。

慰労会の意味は知りませんし、
できればほっといてくれと、
思うのは、自分だけでしょうか。

会社の飲み会は3回に2回出席する
ことにしております。前回は多分、
親戚のイトコノハトコの友達が、
危篤になりそうな気がするという
理由で欠席したので、出席しました。

何でしょうね。タダで呑めるにも
関わらず、ゼニ払ってでもいいから
行かなきゃ良かったと思うのは。

強いて言えば、目の前にお座りの
事務員さんが、ホルスタインであり
(でっけぇな!おい!)という心の声
が、本人に聞こえないように神様に
お祈りすることが楽しかったです。


小魚にひじきをまぶして素揚げ?
してあり、ほぼ味のないグロテスク
な料理に、俺様があと20年若けれ
は、料理長?暴れちゃってるぜ?と
妄想を膨らませていました。

気がついたらホルスタインと、
イケメン君が両隣に座ってる。

TERUさん。どうぞ!!と。
ウーロン茶を差し出されました。
自分、ハンドルキーパーでしたし。

デロンデロンに二人は酔っ払い。

TERUさん。いいっすか?
TERUさんは、愛情がすごいっす。
愛情がわからないやつが、自分は
わからないっす。とにかくすごい
っす。わかりますか??と。

ホルスタイン。うなづいてますが、
何の話しかわかってるのかな。

なぜだかイケメン君が泣いてるのは
理解できましたが、言葉の意味は
さっぱりわかりません。

酔っ払いはキモいっす。

ラーメンが食べたいと言ったので、
ラーメンを食べさせた2分後、
トイレに駆け込みマーライオン。

シンガポールは嫌いじゃない。

あ。電池があと60秒で切れるよう
なので、また来ます。

とりあえずお休みなさいませ。

Posted at 00:59:47 2016/04/24 by TERU

この記事へのコメント

kage

5安打3ツーベース!

ありがとうございました。
いのりんです。

ベルトの高さを狙って打ってみたところ、タイトルの通り大爆発してきました。

チームも逆転勝ちができて、最高の日曜日でした。

また、コメント返信で書いて頂いていたように、今までは胸元、つり球の高さに手を出して、外野フライが多かったのがわかりました。

今回はホームランにはなりませんでしたが良い角度で上がったレフトオーバーも続いており、狭いグラウンドならそろそろ入りそうです♪

Posted at 12:50:29 2016/04/25 by いのりん

この記事へのコメント

kage

TERUさんへ

TERUさん、お久し振りです。
お待ちしておりました。

若者に泣かれてしまうとかすごいっすね。


私なんか、気がついたらまわりに誰もいない。
絡んだ若者には「ちょっとトイレに」と行かれて、戻ってこない。

私もついにこの領域に来たかと。

酒、飲むとめんどくさいから、近寄らない中堅社員です。

お酒を注ぐフロアレディさんがいないところでは、もう2時間持ちません。



開始前に隣に誰も座らない領域まであと少し。

上座に座り、その列に誰も座らない領域まであと5年といったところでしょうか。

開き直って飲み倒し、自分をかえりみず5年後に後悔したいと思います。



わたくし、とうとう開幕いたしました。
去年の夏以来の草野球です。
前の日のバッティングセンターでは、まったく打てません。
火の玉方程式なら、バッセンで打てないフォームは正解。

直さず突っ込みました。
どうせ1年ぶりだし、もがいたって仕方ない。
この丸い棒きれをひっぱたくだけ。


とりあえずベルトライン狙ってみました。
痛烈なサードライナー。

2打席目、ストレートを叩いたので、たぶんカーブ。
ほら来ちゃった。
ヒット!
わはははははは、天才!


守備。
シートノックでレーザー送球を連発したせいかサードには1球もきませんでした。
1年間投げなかったら、肩も痛くないしイップスまで治ってました。


火の玉記事が1番役立ってるのは俺かいっ!

読者様のご質問のおかげで、自分の内なる答えに気がつき、最高の日曜が過ごせました。



いやこれはきっと、私以外の悩める草野球人にも役立っているメソッドだと思ったわけです。
いや強引にそう思うことにしました。


思えばイップスも最初は肩痛から始まりました。

痛くないレベルで投げて調整不能になり、元の姿を忘れてしまった。

今回は痛くないから開き直って、投げぬいたらバッシーっと決まってしまった。


今日ですか?

めっちゃ肩、痛いっす。

筋肉痛なので電気を流してもらってきます。

やっぱり1番、記事を役立てているのは私のようです。


自分を救ってハッピーになり、ハッピーすぎてあふれた愛で人様のお役にたてれば何よりです。

TERUさんが、4回ものぞいてくれてるならば、更新を増やさねばですね。
ありがとうございました。


Posted at 11:33:51 2016/04/26 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

いのりんさんへ

いのりんさん、おはようございます。

私のやり方が、上手く合って結果が出て何よりです。

これは、実力がないからこそ、頭を使ってずるいことを考えて、すごいピッチャーを出し抜こうか考えてきた小者のメソッドです。
どうしたら凄い奴を倒せるか?
野球は圧倒的実力差があったとしても金星をあげられる1番のスポーツだと思ってます。

弱い人間でも、しっかり考えれば結果が出せます。


アウトコースをヒットしたら、次の打席は必ず1球はインコースを使うんです。
ワンボール、ツーストライクなら変化球かアウトコース低めの渾身のストレートです。

ストレートをホームランしたら、8割カーブで来ます。

高いレベルなら違います。
わかっていても打てないストレート、わかっていてもそれ以上に変化してバットに当たらないスライダー。
もちろんスライダーを匂わせといて、反応不可のストレートがあります。


しかし草野球レベルなら、このブログで書いているような知識を持っておけば、120キロのエース様からでも3安打できます。
初歩的なリードしかしていないし、球種だって多くて3種類。
落ちるボールもないならば、打てます。


初心者でもおっさんでも、楽しめるのが草野球です。


ホームランはいいですよ。

その日を夢見て、バットを振ってください。

ありがとうございました。

Posted at 10:50:11 2016/04/27 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

ありがとうございます。センターオーバー打てました。

教えていただいたベルトの高さを狙う!!で息子がセンターオーバーツーランを打ちました。
それ以降、打撃好調がつづいています。
このゴールデンウィークの間の試合も子供は打ちまくって、
「狙いをきっちり決めるだけで、迷わずバッターボックスに入れるよ」
と言ってもらい、子供から父さんすごいという目で見てもらってます。
またまた質問させてもらうと思いますが、お忙しくないときでいいのでお答えいただければありがたいです。
本当にありがとうございました。

Posted at 12:35:00 2016/05/09 by サッカー部の星

この記事へのコメント

kage

サッカー部の星さんへ

サッカー部の星さん、センターオーバーの2ランおめでとうございます。

これだけで長打率アップで最高の情報なのですが、落とし穴があります。
ベルトライン、すなわち甘い球は、待っていると「キタッ」ってなります。
目をくわっと見開いて、2ランのイメージでグワガラキンと振ってしまうんです。

実はこれが落とし穴となります。
その2ランは私の言う通りやっていたとするならば、ヒットの延長で飛んだものです。
センター前を狙ったらそうなった。
そうですね?
スタンドを狙うスイングではないんです。

しかし打った長打の快感が忘れられなくて、ついつい大振りになり打撃を崩すことが多いです。
長打を打てた時こそ、しっかりとセンターを狙うスイングを固めて次の試合に臨んでください。
長打のことは忘れて、また自分のスイングをすれば、もう1本打てます。

ベルトラインをきっちりセンター前に運ぶスイングです。
ボールは心技体がそろえば、飛びます。

目を切らずにセンター前を狙う。
そしてベルトラインは振る。
2ランの余韻でスタンドを意識した大振りにならないように息子さんにアドバイスしてあげてください。


とりあえず打てた今は喜びましょう。
おめでとうござます。

落とし穴を気をつければ、もう1本打てます。
「父ちゃん、すげえよ」をまた獲得されてください。
ありがとうございました。

Posted at 10:16:12 2016/05/18 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

見てましたか(笑)

今回のホームラン、火の玉さんの言う通りで、ヒットでいいよと送り出した場面で出ました。
ツーアウト、ランナーサード、みんなから
大きいのはいらないよ、確実にミートね!と声を掛けられて、バットを指二本分短く持って入った打席で、打ったホームラン。
本人も、そこまで飛ぶとはおもってなかったようでした。
今はアドバイス通りに、大振りではなくセンター返しの意識で素振りをさせています。
ただ、この1本がまた子供の努力するガソリンになったなと…
火の玉さんには感謝、感謝、感謝です。
もう1本打って、火の玉さんに報告できる日が早く来ればと思っています。
ありがとうございました。

Posted at 21:34:34 2016/05/20 by サッカー部の星

この記事へのコメント

kage

サッカー部の星さんへ

「見てましたか」についての返信です。
そうです。あえて大きいのは狙わない。
ここがどこまで出来るかです。
ホームランの感触が忘れられなくて、ついつい大振りになりミスショットします。
それが続くとスランプ。

自分を見失わずに、スタイルを貫けたからこそ出た一発です。
今後も打率を追い求めてください。
タイミングが合えば、ほとんど長打になります。

またの報告、お待ちしております。

ありがとうございました。

Posted at 13:39:38 2016/06/02 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

打てない日々の先に

お世話になっております。サッカー部の星です。
以前教えていただいたベルトの高さを狙うで、子供が6月上旬まで長打を打てていました。ところが火の玉さんの言っておられたように、長打をほしがるようになり大振りになっていました。そうなるとあれほど打てていた子供がびっくりするくらい内野ゴロを連発するようになりました。
そこから見失ったセンター返しのバッティングを取り戻すまで1か月、ようやく昨日の公式戦で3安打(三塁打を2本シングル1本)打って復活かな~と思ってます。
火の玉さんのアドバイスにあった、センター返しに立ち戻れたから又打てるようになったと思ってます。本当にありがとうございます。
で、あつかましくまたまた質問です。
今6年生の子供なんですが、中学野球に向けてこの夏休み、どう準備していけばいいのかなんです。
何度も書いていますが、私は野球をやってこなかったので小学野球から中学野球のレベルの差とかが、全くわかりません。
この夏に子供から「何をしておけばいいのかな?」と聞かれても
「とりあえずバットを振っておこう」しか言えません。
大変お忙しいとは思うのですが、お答えいただけますようよろしくお願いします。

Posted at 16:54:00 2016/07/20 by サッカー部の星

この記事へのコメント

kage

サッカー部の星さんへ

サッカー部の星さん、こんにちは。
質問の答えはこちらの記事で返信しましたのでお読みください。
ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

「中学野球をやるにあたって準備しておくこと」
http://6710muna.blog101.fc2.com/blog-entry-1178.html

Posted at 13:21:33 2016/08/01 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック