FC2ブログ

2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

センター返しを狙っているけどセンターへ飛ばないと悩む人へ

kage

2016/11/29 (Tue)

連日凄いですね?

自分はカリスマかと思ってしまう。

「火の玉さん、ウエスト87cmです。メタボ手前ですから気を付けて」

この間の健診で言われました。

何とか82cm程度に戻したいところです。



今日もこんなおっさんに届いた質問をご紹介します。


はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。21歳の大学生です。
小学校から高校まで野球を続け、昨年から草野球という形でまた野球の舞台に戻ってきました。


はいはい、ストップ!

この時点で、私と野球経験一緒ですよ?

しかも21歳!

ぎっくり腰の影響をいまだ受け続ける37歳、火の玉ボール。


果たしてどっちが上か?


いらない。

私への質問をしても、君の未来を輝かせる自信は微塵もない。

それでも聞きますか?

そこまで言うなら、聞きましょう。

続けてください。






今回質問させていただきたいのは、火の玉さんが口酸っぱくおっしゃっている「センター返し」についてです。
草野球に復帰してから、圧倒的にレフト方向への打球が多いです。
サードゴロ、サードライナー、ショートゴロ、ショートライナー、レフトフライ、レフト前、レフトオーバー。
センターから右への打球がほとんどないのです。

自分自身はタイミングを合わせて、センター方向を意識して「えいっ!」とスイングしているのですが、打球はレフト方向です。

ちなみに右方向を意識して振れば、ライトへは行きます。





おい?待て?キミ、上手いじゃないか!

本来、この場は「火の玉さん打てません。100キロ程度のボールなのにかすりません」という悩める初心者の方に救いを与えるサイトなのだ。



センターを狙っているのに、センターへ行きません。

レフトライナー、レフトオーバー、ショートライナーですと・・・。



それでいいんですよ!お兄さん!









火の玉センター狙いの目的・・・




私がセンターへというのはなぜか?


「センターを狙え」と言っていて「センターへ飛ばせ」とは言っていないんです。


打球はどこへ行ったっていい。




狙い撃ちが出来るなら、ここへ来る必要はありません。


ヒットが打てなくなった人に、ヒットを打たせるために、考えた方法です。




昔ライトスタンドへバンバン叩き込んでいた人がいました。(左バッター)

今では全部、ライト方向への大ファール。

大ファールを何本か打たされて、結局、三振。

当時、私は4割、ホームラン3本でシーズンが終わり、もちろんMVP。

忘年会で火の玉凄いなって。

その人は言った。

「俺の昔は火の玉よりも上だった。こんなもんじゃねえんだぞ!MVPがなんだ!チームにとってもっと大事なことをしてる人間を評価しろや」


まあ、完全な負け惜しみです。

でもくやしいんですよ。

こんなはずじゃないって。

俺はまだまだ出来るんだって思ってる。

それなのに結果がついてこない。




次のシーズンで、出席率もだいぶ減ってきたその人。

やる気があるのは知ってました。

何とかしてあげよう。


「行田さん(仮名)、センターを狙いましょう、少なくともファールはなくなりますよ」

「お、おおう」


打ちまくる私からのアドバイスだったので、素直に聞いてくれました。

人は何を言われるかではなく、誰に言われるかで動く。


打ちまくる私に言われたから動くということです。



結果は三振からセカンドゴロ、ファーストゴロに変わった。


なぜか?


待てないからファールなんです。

ここっていうポイントが前で開くのが早いからファール。


よく言われる、開くのが早いをこのセンター狙いが解消するんですね。

もうここで唸る人、2000人はいるでしょう。


開くなと言われて、壁を作れる人はいません。

ボールは恐いし逃げる。

引っ張りたいから開く。


狙いをセンターにすれば、ボールが来ても肩と膝は投手と正対して残る。

この状態を「開かない」と言います。


開かないからセカンドゴロだけではなく、ライトフライも出るようになった。

フェアグランドに、入るようになった。


プルヒッターだった行田さん、すなわち力み過ぎ。

フルスイングのため、ずれている。

たまに、いい当たりはするけど、確率が悪すぎる。

打率2割程度では復活とは言えない。



そこでさらに至極のメッセージ。


「行田さんは、力があるんだから、軽く振ったって入りますよ。3割ぐらいの力でもスタンドです。軽く打ち上げてみてください」


「お、お、お、おおおおおう」




バチコーーーーーン




え?


おい?



まじか?





行ったーーーーーーー!




ライトスタンドへ文句なしの1発。



もちろんセンターを狙ってます。


私が言うのは結果が変わる打ち方なんです。

狙い撃ちが出来るようになる打ち方ではありません。


センターを狙うんだけど、センターへちゃんと飛ばなくていい。



開かない、力まない、ボールをよく見る。


これらの表現では伝わらないから表現を変えているだけ。




大学生さん。


キミはレフトオーバー、ショートライナーだっけ?

ちなみに火の玉塾ではライナーもヒット扱いにしている。

フォームを変えなくていいという判断をしてもらってる。


合っているから、痛烈な打球が出る。

角度とボールが真ん中じゃないとライナー系の打球は出ない。


ヒットが出ないのは、たまたまで、そのうち出るから安心してほしい。



最後に今年の行田さんの結果を載せておこう。

私がアドバイスしてから5年。

私は劣化の道をひた走る中、行田さんは決勝で満塁ホームランを打ち、チームを優勝へ導いた。


41歳だ!



「あの時のアドバイスのおかげだよ」


いまだにそう言ってくれる。


しかし行田!


俺を越えるな!!!!



まいった。


俺の劣化したらファーストで50歳までやれるという安心が、行田のファースト固定なために、ポジションがなくなっている。

教えなきゃよかった。




まとめると大学生。

このままで大丈夫。

ここからレフトに飛びまくると、スタンドへの欲が出る。

その時に開いてしまい打てなくなったら、この記事を思い出してほしい。


センターを狙おうと。



背中を押せましたでしょうか?

またよろしくお願いします。

ありがとうございました。
関連記事

この記事へのコメント

kage

ありがとうございます。

火の球さん
お忙しいところ、お返事ありがとうございました。何だかすごい褒めて頂いて恐縮です。

「センターを狙うが、打球はセンターに行かなくてもいい。」
胸のもやもやがスッキリしました。今のスイングを続けつつ、センター返しの基本は忘れないように素振りなどをしていこうと思います。
ありがとうございました。

Posted at 12:30:41 2016/11/30 by せいた


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック