2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

熱中症の教育をしてやろうと思って、上から目線で語る前に熱中症になってしまった俺のドンマイな話。

kage

2017/07/02 (Sun)

自信が過信とならないよう気をつけなさい!


工場勤務の私は夏場35度越えの工場の中で仕事をするストロングネッツ(熱)な男である。

熱中症で毎年運ばれる人々を見て、テレビでも知り、いかに知識のない人がいるかわかった。

そこで熱中症について、熱中症教育を毎年受け、完ぺきなまでに夏を乗り切るパーフェクトサマーブロガー火の玉ボールが、記事で大いに語ってやろうと思っていた時に事件は起きたのだ・・・。






春大会・・・




すでに6月だが、予選を春に勝ち抜いたチームの県大会が始まった。

選手は私ではない。

娘だ。

娘と言うことは、野球でもない。バスケットである。



体育館の客席で試合を眺める。

試合後・・・あれ?頭が痛い?

ぐわんぐわんするぞ?

俺が熱中症じゃないかっ!



むきになって応援をして汗だく。

なぜか飲み物はお茶。

利尿作用が増えるため暑い場所でのお茶やコーヒーは禁止飲料。

前の日夜勤、睡眠不足というより前の日の夜から寝ていないバカやろーっぷりで、気がついたときにはアウトだ。



ガストでドリンクバーを頼み、大量の氷を取り、首や頭を冷やした。

もちろん氷はソールドアウトだ。

このおっさん、ぶっ飛ばすぞと店員に思われたのは間違いない。


許してください。


マジで頭が痛いんです。

あともう1試合あるし(涙)



見たいじゃん。


そのために来たわけだし。


娘は絶好調で点を決めまくってるし。



火の玉さん、娘さん凄いですねの承認欲求と日常では味わえない熱い時間を堪能できるこのチャンスで寝てられませんよ。



せめてもの償いとして、誰よりも注文した。

ガストの売り上げに貢献していこうと、おっさんなりに考えて、デザートで1番高い奴を頼んだ。


氷、本当にありがとうございました。


私が鶴に生まれたならば、自分の羽で折った絹を店長に差し上げているところです。

お陰様でもう1試合、見ることが出来ました。




話は、まだ終わらない。


すぐに涼しい場所で横になるか病院へでも行けばよかったかもしれない。


あれから2週間、7月に入りました。



熱中症って1度なると、またかかりやすいんですって。

もうね、ちょっと暑いなって思うと頭が痛い。


後遺症もあるらしく、まあ頭痛い。




俺は教育を受け、知識を持つ男と言う過信。



他人にインフルエンザ予防しろと言いながら、インフルエンザで休む七夕やろーと変わらないのが私と言う男だ。



謙虚さ!忘れんな!




こうべを垂れる稲穂かなだぞ!





皆様、夏が始まります。


体育館の中で、そこまで暑いと感じない日でも、必要な水分を取らずに過ごしていると、私のようになります。

塩分チャージ、クールネックの着用をお勧めします。

1度なるとすごくつらいので、予防に努めてください。


ご紹介するグッズは教育を受けて、工場で使っているものです。

クールネック、塩飴、熱中症対策水です。

私自身、私生活でも今後はしっかりやっていこうと思います。

グッズに関して質問があればコメント欄でお答えします。

ありがとうございました。













関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック