FC2ブログ

2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

打撃の時は○○をつけると手首を痛めない。

kage

2017/10/10 (Tue)

小学2年生が持つカラーバットを取り上げた。

理由は簡単。

私火の玉ボールの音速のスイングスピードを見せてやろうってことだ。


小学生の反応は、とてもいい。

「うおっすっげ~」「神だ」「ハンパねえ」


などなどもっと言ってくれが満載なのだ。


だからこそ見せつける。

おっさんの渾身の一振りを!


カラーバットを握り、一閃!!!



手首、脱臼だ。



MAXで振り抜いた。

体がついてこれなかった。



私はリレーのおっさんと化した。


イモジャージを着て、リレーへ出る。

自分は走れると信じてやまないその走りで、ダイブ。

足がついてこない。

もつれて転ぶ。



最初も書いた通り、子供の反応はいい。


承認欲求のメテオなのだ。


得たいという気持ちが、大人を空回りさせる。



手首を抑えたい。


スーパー痛い。


痛みを我慢しながら、「うわっ、ちょーはえースイングだ」を聞く。


まあなと答える。



じゃあなと去り、木陰に消えた瞬間、手首のマッサージをした。



滑稽な姿だ。



今日、あなたに教えたいことがある。




素振りではサポーターをしよう。



38歳、アラフォー手前は、カラーバットでも痛める。


私のようになるな。



今、湿布をしながらキーボードを打つ手が痛い。


今週試合があるが、もちろん出る。


おっさんは肉離れしても試合をするのだ。


草野球はどんなおっさんも受け入れてくれる。





私はこの経験から、もうちゃんとしよう、そう決めた。


振るときは痛めないようにサポーターをつける。


普段、走ってないなら、リレーには出てはいけない。


お勧めのサポーターはマグダビット。

手首が気になるあなた。


悩みを解消します。


ぜひどうぞ。

送料無料だ!

キミは火の玉になるな!






この記事の続きは「怪我をしても○○を貼って治して草野球へ行こう」です。

良かったら合わせてお読みください。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック