FC2ブログ

2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

キミがどれだけ愛されているか・・・

kage

2017/12/17 (Sun)

母が亡くなった1か月後にキミは生まれたんだ。

キミから見たらおばあちゃんだ。

おばあちゃん、キミの顔を見るまでは死なないって病気と闘った。

余命宣告よりも1か月、長く生きた。

キミに会いたくて。

最後は骨と皮になってさ。

そりゃ生きてるのが不思議なくらい弱ってた。

おばあちゃん、俺で言うお母さん。

会わせたかったな。

やさしい人だったんだよ。

もっともっと生きてほしかった。



おばあちゃんがこの世を去った後、すれ違いで生まれてきたキミ。



何も求めてない。

キミはいるだけでいい。

おばあちゃんが会いたくて会いたくて仕方なかった子。

それがキミなんだ。


お姉ちゃんが色んなことが出来るけど、どうか気にしないで生きてほしい。

自分はダメなんだって思わないでほしい。

なつきは、なつきなんだから。



お姉ちゃんに無いものをいっぱい持ってるんだよ。

背番号7をもらってる。

水泳では5年生から選手だ。

マラソン大会5位入賞だし。

お姉ちゃんが取れなかったものをいっぱい取ってる。


負けてたまるかって言うキミの気持ちで取ったものだ。

だけど1番勝っているのはやさしさ。


試合の後でも、1日見ててくれたお母さんにマッサージしてあげれるところ。

普通の子だったら疲れて寝てるよ。

だけどキミは、やってあげてる。


送り迎えした時、必ず「ありがとう」って言える。

車で去り際、もう1回こっちを見て手を振るキミが可愛くてたまらない。

あぁやさしい子に育ったなって思ったよ。



そんなやさしいはずのキミが学校でいじめをしたって聞いた時はショックだった。

キミにじゃなくて俺自身にだ。

きっと俺が、バスケットで厳しくし過ぎてストレスが溜まってしまったんだろう。

厳しくやってます的なアピールをまわりの親にしたかっただけ。

そんな俺のエゴのために、キミのやさしい心を傷つけた。




だから怒らないって決めた。



結果とかどうだっていい。

キミが楽しくバスケットをやっていればそれでいい。

その中で、上手くいく手伝いをしたいって思った。

そうやってやさしい声掛けをしたら、どんどん上手くなって、小学校時代のお姉ちゃんよりも上手くなった。


そんなに出来なくてもいい。

俺はやさしいキミに癒される毎日なんだから。

なつきが幸せならそれでいいんだ。




頑張らなくても愛してるから。



お姉ちゃんを追いかけなくていい。

勝たなくていい。

お姉ちゃんはお姉ちゃんで、みんなから、かわいいって可愛がられているキミをうらやましく思ってるんだからね。




お母さんもキミが大好きなんだ。

キミがいじめられた時、相手の家に文句言いに行った。

お母さんは、本来そんなことが出来る人じゃない。

喧嘩しに行くなんて無理な人だ。


だけどキミが泣いて帰って来た日、相手の家に行って怒ってた。

学校にも電話して、相手を叩きのめした。

もう1度言うよ。

お母さんは喧嘩が嫌いで、誰とも争わない人なんだよ。

だけどキミのことなら歯止めが効かない。

どんな奴にでも立ち向かい戦ってしまうんだ。

なつきは、なつきが思っている以上に愛されてる。

どんな時も自信を持って生きていくといい。

私はみんなに愛されてるって思いなさい。本当にそうだから。






今度、アルバムを見て「これ、おばあちゃん?」って聞かれたら教えてあげよう。

なつきに会いたくて会いたくて病気と闘って会えなかった人。

生きてたら抱きしめてくれたと思うよって。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック