2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

試合だと出来ないをどうにかする方法。

kage

2018/03/25 (Sun)

練習では出来るけど試合では出来ないシリ~ズ!



バッティングセンターでは打てるけど、試合では打てない。

練習では取れるけど、試合では取れない。

なんでもそうです。

練習では入ってるのに。

練習ではミスらないのに。

練習では・・・練習では・・・練習では・・・

ヒロシです・・・ヒロシです・・・ヒロシです・・・みたいな感じになります。



メンタルが勝てないわけです。



股関節の可動域をあげたら上手く行くんじゃないか?

笑顔の回数を増やしたら?

ポジティブに考えたら?

病院で注射を打ってもらえば?

フォームを変えてみようか?

道具を変えようか?

チームを変えようか?

またまた戻って、肩の可動域か?

懸垂をやれば?




人は様々な方法で、何とか「練習では出来ている」を試合で出来るようにしたいわけです。


でも何をやってもダメです。


いや試行錯誤してたくさん、もがいてください。

それで出来るようになれば、それでいいです。


でも火の玉の経験上、ダメになります。



やっぱりダメだ。もう打つ手がないと思ったら、またこの記事を読んでみてください。


または、もう打つ手がない人へのヒントになれば幸いでございます。












火の玉メッセージ・・・








イチロー選手が、なぜ毎回同じ動作をして打席に立つのか?

それ意味あるの?って言う動作を毎日同じようにやります。

別に打席だけじゃないんですって。

球場に入るときは、左足から入るとかまで決めている。



数々のチームを優勝に導いた野村監督も勝った日はパンツをかえない。

1週間同じパンツなんて日もあった。



「ジンクス」を大事にしていたんです。


これをやれば上手く行く。


イチローさんは、さらに細かく1日の中で同じことを繰り返して試合をしていたと聞いたことがあります。



1流ほど体だけじゃなく、メンタルを整えているんだな~って思った話です。



私たちにはここまで出来ません。


しかし出来るだけ「試合では」「練習では」って区切りをつけない方がメンタルが整いやすいってことがわかりました。


1日のスパンで区切るようにするんです。



私、火の玉も医者じゃわからないメンタルの病気を持っています。

眉間にしわが寄ってしまうんです。

わけがわからず制御できません。

メンタルが落ち着いているときはなりません。

だからメンタルを落ち着ける行動を取るように最近は考えています。


食事はゆっくり食べるとか(笑)

ホットミルクを飲むとか(笑)

なんじゃい!みたいなことをやってます。



1日で区切ってない時は、「人前で話すと眉間にしわが寄る」「ご飯を口に入れるときに寄る」と思っていて、その時にどうするか?と考えて色々やってきました。


でも治らないんですね。


何をやっても!


心がダメだってサインを出したときは、股関節がどんなに柔くても無理。

柔らかすぎてイナバウアーをして見せてもダメでした。




野球関連で行きますと、サード送球のイップスになりました。


キャッチャーからの2塁送球や外野からの送球ならば、ど真ん中送球が出来ます。

しかしサードゴロを取って、送球すると必ず暴投。

自分自身、イップスでもう無理だと思いました。

どんなフォームで投げても、ポジティブに思っても、暴投。


でもチームメイトにこう言われたんです。


「火の玉さんも年だね。取るまではいいけど、投げれなくなってるしね」


その人はイップスではなく、年だと言った。


ああ、俺は年だから投げれてないってのもあるのかと思いました。


ここもサードからファーストだと投げられないって言う区切りを無くしました。


外野でも暴投してるし、キャッチボールでも暴投するわけです。

その程度の実力。




何が言いたいかというと「試合だと」や「練習だと」って区切る考えをなくしましょうって話です。


練習だとノーミスではない。

試合だとミスるでもない。


全体を通して、練習+試合で、どのぐらい取れるようになったかを見るようにしたほうがいいです。


あとは練習のミスって結構してます。


だけどミスっていいから、さらっと流してしまうものです。


100発中100発取れてますか?


ここも練習って区切りでよくない考え方ですが、100発投げてもらって100発取れていないですよね?

1,2球のファンブルはあります。

試合ではその1球が大ダメージになるから覚えているだけです。


試合でのワンバンボールも101球目なだけです。



メンタルって本当に恐ろしいです。



「これは出来ない」って限定してしまうと本当に何やっても出来ません。


私個人の考え方ですが、出来なかったプレーに関しては、全体の一つとして考えて、確率が上がるように練習して染み込ませていくようにしています。



そうでないと何千、何万球の練習をしたとしても「試合だと出来ない」って思っているがために、「試合」ってスイッチが入った途端、あなたは出来ないんです。



メンタル的には、そういうスイッチは作らずに気にしないようにしていったらいいです。


自分を含めて、メンタルは中々克服出来てません。

ある瞬間で必ず出ます。

過去に作ったメンタル「試合中」だったとしても、それは全体の1つのミスとして処理をしていく方がいいです。


プロ選手でお金をもらってるわけでもありません。

大学4年間の間にレギュラーを獲らなければいけない期限もありません。

生ぬるく、出来る自分を目指して行かれてはいかがでしょうか?



何年も何年も苦しみ、たどり着いている答えがジンクスを朝から作り、成功させていく。


試合だとダメって考えを無くし、こうすると出来るって言うジンクスを増やすようにしています。


参考になれば幸いです。


最後に試合や本番は人間なら、みんなガッチガッチです。



緊張するんです。



それをどうにかするんじゃなくて、ガッチガチのまま、おりゃって取りに行けばいい。


ガッチガチのまま、投げればいい。


ガッチガッチのまま、振り抜くといい。



何をやってもガッチガッチだから、そのままやってしまうしかないんです。


開き直って、今持っている体を最大限、動かしましょう!


ガチガチの自分をヨシとすると、今より体は軽くなります。


普段通りにしようとするからおかしくなります。


無理なので、ガチガチのままでいいんです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 16:16:46 2018/03/25 by

この記事へのコメント

kage

 マサです。火の玉さん、ありがとうございます!

 練習と試合の境を無くします! 「練習では・・・」「試合では・・・」はもう言いません! 全体で考えます! 何も意識せず自然体でやっていきます! そして「適当に」「ゆるく」前向きに頑張っていきます。

 ここの過去記事を見ていて、僕と似たようなことで悩んでいる方がおられました。「バッティングセンターで打てて試合で打てない」とか。たぶんその方も僕と同じなのかも。いろいろと考えすぎるから、余計に変な方向にいってしまうのかなと。

 あのイチローさんがすごくこだわりを持って試合に挑んでいるのは知ってましたが、球場に入る足まで決めていることまでは知りませんでした。でも普通の人じゃムリですよね。

 今日もチーム練習をしててキャッチャーとファーストをしましたが、火の玉さん言われるように、100球中100球きっちり処理できません! というか、監督や上の人も同じようにエラーしています。じゃ、皆と僕は何が違うのか? やはり練習と試合を意識していない、同じようにプレーしている...

 試合でできないんなら、練習でもっとラクに処理できるくらいやればいい。でも「やらなきゃ!」って思わず、コツコツやっていけばいい。適当に、ゆるく、やっていきます。

Posted at 18:57:55 2018/03/25 by マサ

この記事へのコメント

kage

マサさんへ

考えを無くす。気にしないようにしていくのは意外と大変です。
無意識に「試合」というトリガーをかけてしまいます。
それでも少しづつ、考えを無くしていく方向には進めるはずです。
1番に「野球を楽しむ」ということを意識されてみてください。
また気軽にコメント、お願いします!

Posted at 12:14:10 2018/03/28 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック