FC2ブログ

2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

才能開花の仕方

kage

2018/05/08 (Tue)

箱根駅伝優勝の青学「下田選手」は8区のエースとして大活躍をして卒業しました。
入学したときは12人中10番目のタイムだったそうです。



広島エース黒田さんは、高校の時エースではありません。



あのイチローさんでも入団して3年は2軍。








誰しもが、もう辞めてもおかしくなかった。


下田君なら入学した時に、「あーやっぱり名門青学、速い奴がいっぱいいる。俺じゃ無理や」

黒田さんなら高校卒業時「やるだけやった。野球はここまで。大学ではやらない」

イチローさんならプロに入って「プロは凄いな。俺より打つ奴、いっぱいいるし」


なんて感じであきらめても、なんらおかしくなかったんです。




あきらめずに頑張ったから良かったのか?


いやいやそんなことありません。


世の中、がんばって成功したらみんな成功者です。


だからってあきらめて、このままでいいとするのも何か物足りないです。


心の中の本音の本音を引き出すなら、勝ちたい!

誰よりも高い位置に立ちたい。

現状の自分がくやしくてしょうがない。




これでいいなんて思ってないのだ!






だいたい負けた人が口にする言葉があります。

私火の玉も仕事で失敗したときは言いました。




「まあいいよね、今だって十分幸せさ」

「こんなことよりも大事なことがあるよ」

「やめて良かった。未来のために堅実に生きればいい」






酸っぱいぶどうの話をしておきます。

きつねが木を見てぶどうを見つけた。

きつねはぶどうが食べたくて取ろうとしたが取れない。

あの手この手を駆使してチャレンジしたがダメだった。

きつねはあきらめてこう言った。

「あれはきっと酸っぱいぶどうだ。取っても良いことなんて何もない。これでいい」



これは心理学の話らしいです。

人間もきつねと同じで、出来なかったことを合理化する考えを持っています。


バスケットでレギュラーが取れなかった娘に対して親が思うこと。

「バスケじゃ食べていけない。しっかり勉強させた方がいいんだ」・・・2ちゃんねるより。

「もっと楽しむことを教えた方がいい」・・・やっぱり2ちゃん。

「ほかのチームに移籍させた方がいいかも」・・・自分が見えてないの会代表、火の玉ボールさん。




過去の恥ずかしい自分をさらしながら、お話します。



姉と妹には何度もあきらめろと言いました。

(あほです。)


妹に中学では楽しく卓球をやった方がいいと言いました。

(親が子供の夢を壊す。本当です。)


姉に私立の名門ではなく公立で確実にレギュラーでいいじゃないか!私立なら3年間モップ掛けで終わるぞ!

(やってもいないのに決めつけてんじゃねえ、バカ親父)



ダメだダメだと言って育ててしまいました。

ドリームキラーの1番は親なんです。

自分が出来てないから、きっと子供も出来ないだろうって決めつけてる。



そうじゃない!




才能が開花するかなんて誰にもわからないんです。




信じるしかないんです!




現状の自分は必ず成長できる。

今は無理でも、必ず強くなれる。

どこかで無理だと思うなら、無理です。

無理だと思い、自分を信じることが出来ない瞬間、落ちます。


体は動かず、今日もまったりと過ごす。


人間、落ちるのは早いと感じるこの頃です。


小学校の頃、あんなに上手かった選抜の子が2年ぶりに見ると、見る影もなく下手くそになっている。

小学校の時、雲の上の存在だった選手が中学卒業時には、膝をついて走れなくなっている。

中学で優勝した選手が弱小高校でタバコを吸い、遊んだ結果、高校入学3か月後に1本負け。



負けたこともない雑魚選手に、軽々と喰われてしまいます。




もう疑わない。自分も子供も。



落ちた時でも、心の中はあえてビッグマウスな自分を残しておけ。

角が取れて謙虚になるのはとてもいい。

だけど自信までなくしてはいけないんです。



俺はやれる。



で失敗する。改善して次。また失敗。改善。


中学でレギュラーを獲り、私立へ進む子。

卓球をやらずにバスケットを続ける子。

二人とも私の言うことを聞きません(笑)


だけどそれが良かった。



しっかりと見返されています。


俺もまだやれるんじゃないかって仕事したら、やっぱり結果が出ました。

私の話は置いておきます。また今度。


小学校の時に書いた夢作文をバカみたいに、信じられるかじゃないでしょうか!





やめるやめないの基準なんですが、火の玉的に考えてみました。


今やめて笑って終われるなら、やめてよし。

今あきらめて、やりきった感動の涙が流れるならやめてよし。

まだ達成したい自分が残るなら、続ける。そして絶対成功を信じて進む。



人生、負けまくりです。

輝いている人みんなが、エリート街道、走ってるわけじゃないんです。

才能があるわけではありません。


負けてもあきらめず、自分を信じているだけです。


ウサギの足を持ったカメになろう!

ありがとうございました。
関連記事

この記事へのコメント

kage

マサさんへ

とてもいい考えだと思います。
1日1mmでも進む。
成長する。
向上していく。
挑戦する。
どんなやり方でも構いません。
人生を彩り豊かにしていく。
人生を楽しむには、今よりも良くなるために試行錯誤することです。
互いに今に全力で駆け抜けて行きましょう!

Posted at 10:52:28 2018/05/14 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

 ウサギとカメ・・・ いろんな例えに出てきますよね。

 僕は単純に、今日練習や試合でいろいろエラーした、失敗したことの中で1つだけを取り上げ、それを次の練習や試合でエラーしないようにする、って感じでやってますね。

 だって、エラーしたこと全部をできるようにするのは大変ですし、かと言って何も克服しないではダメだし・・・ なので1つだけに絞って、それをできるようにしたいなって思います。

 ウサギでもないしカメでもない・・・ イヌ? ネコ? あっバッタですね。1つ1つ、ピョンピョン飛び跳ねるのはバッタですね。

 キャッチャーも、そんな感じでやってますよ。

Posted at 21:00:47 2018/05/13 by マサ


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック