FC2ブログ

2020 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 06

カーブの簡単コントロールのつけ方

kage

2018/08/04 (Sat)

変化球のコントロールって実は簡単なんです。

ストレートほどしっかりとコースにつけなくていいからです。

変化球はタイミングを外すボールです。

打者があっとなれば、ど真ん中でも空振りします。


むしろストライクからボール球にすることが多いため、おおざっぱにこの辺って感じで狙えばいいです。


カウントを取りたい時の変化球がカーブになります。


4番に対しての初球カーブ。

もしくは打たれた打者に対しての初球、2球目の連続カーブ。


ここで外すことにより、ストレートが行きます。


カーブがあるって思わせることで打者が迷います。


基本は追い込んだらボールになる変化球です。


出来るだけストレートで追い込みたい。

しかしそれだと打たれてしまうとき、カーブでカウントを取るんです。


とりあえず、初球や2球目のカウントが浅い時の打者は、ほとんどがストレートを狙っています。



だから結果、ど真ん中でも振らない!




万が一、読まれていた場合は打たれますが、草野球レベルではほとんどありません。



このカーブが外れてしまうととても苦しい。


軌道を見られた上に、カウントが振りなわけですから、打者からしたら、まだまだ見送れる。

とても楽です。




確実にストライクを取るカーブの投げ方。



簡単です。



オーバースローなら打者の肩を狙って投げてください。


サイドスローなら打者の腰です。


思いっきり打者にぶつけやろうって思って投げます。


そうすると、そこから曲がって「ストライク」です。


設定は右打者、右投手ですからね(笑)


草野球サイトです。


ほとんどが右打者、右ピッチャーってことでご理解ください。



相手打者を睨みつけて、そのままぶつけるつもりで腕をすると、気迫まで出ます。


絶対にストレートだと思います。


からの・・・あれ?カーブ?そして見送る。



打者の目を見たり見なかったりして投げると、さらに打者が迷います。


打席では迷いなく振りぬかれるのが1番恐いんです。


だから考えさせるような投球と配球で打者を抑えましょう。


今日もあなたの一助となることを願って終わります。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック