FC2ブログ

2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

水を飲むと○○酔いや足の○○○が解消されます。

kage

2018/08/11 (Sat)

やる気は基本、起きないという話をしました。

私たちは楽をしたい生き物です。

でもそれがいけないこともわかってる。

運動をして野菜を食べて酒タバコをやめた方がいいこともわかってます。


やる気はどうやって起こすか?


それは、嫌だなぁと思いながら、やり始めてしまうことです。

それしかない。

トレーニングを始めて10分から15分は、だらだらやってるかもしれない。

でもやらなきゃって思ってる。

自分のために選択したというのも理解しています。

20分ぐらいたつとアドレナリンが出てきて精力的に動ける仕組みとなっています。


やり始めないとどうなるか?


医者から死の宣告を受けて、カウントダウンが始まってから動く。

夏休みの宿題状態です。

ラスト1週間と言う期限、前日と言う期限をもってしてあなたは動くんです。


命の期限となるとシャレになりません。


だから早めに動きたいですね。



今日は「水」の大切さについて、小話を持ってまいりました。










飲み会にて、なぜ水を下さいなの?・・・







彼は酒が弱いわけではない。

生粋のお酒好きである。

しかしことあるごとに、酒の間に「水」を注文するのだ。

彼は居酒屋を出て2次会への移動中でも、コンビニで酒を買って飲むほどの男だった。

それが水って。

何があった?


なんで水ばかり飲むの?って聞いた。



実は痛風の1歩手前って診断されたんです。

家で酒を飲んでいて、膝や腕が痛くて、会社でも痛くなった時にさすがに病院に行きました。

そしたら「このまま行ったら痛風だよ」って。


食事から飲み物まで勉強しなおして、今は正常をキープしてます。

「それに必要なのが水かい?」

はいそうです。酒を飲んだ量と同じだけ水を飲むんです。

とにかく体から水分が飛び脱水になる酒には、水の補給が必要です。

あとは、朝起きての足のむくみやつる経験、あれも水分不足です。



そういえば、柳田さんも飲み過ぎで痛風じゃなかったっけ?


そうっすよ。

で、柳田さんは、ビールと焼酎がいけないってことで、ウイスキーに切り替えて、体痛いって言ってます。

バカですね(笑)


尊敬する上司、柳田さんには、お茶目なところがある。


遅刻しそうだった私は走って現場へ行き、先を歩く柳田さんを抜かして行った。

その30分後、腰を抑えてうずくまる柳田さんを発見して聞いた。


どうしたんですか?


「いや、火の玉に負けらんねぇって思って、俺も走ったら、ぎっくり腰だ」




私の勤務は早番で7時から。

柳田さんは常勤で8時30分から。


柳田さんは、早めに出社していた。

何も急ぐ必要なない。

目の前の出来事に翻弄され、未来をのことを心配せずに走った。

人の体は70%水である。

柳田70%ウイスキーの体で走ったらどうなるか、わからなかったらしい。

2018年、1番の虫の息で柳田は「帰ります」と残して現場を去った。

私の課を統括するマネージャー柳田。

初回、サードゴロダッシュで肉離れするおっさんと同じレベルで現場を去ったお茶目な人である。



私の会社での成功を最大限にサポートしてくれる最高の上司が柳田さんです。

お茶目な1面を持つところも神に見えてしまうほど、私はこの人を越えられないと思うことを一筆したためて話を進めます。




私も水を飲んでみた。

確かに二日酔いはないし、ふくらはぎのむくみもない。

夜勤になれば、睡眠がとれないことから、ももまでパンパンにむくんでいた。

彼こと後輩、岩井は、顔までむくんでいたと教えてくれました。

解消したのが水です。


今日は岩井から教わった健康法の1部をご紹介しました。


命のカウントダウンを受けた人の言うことは説得力があります。

今のうちに直した方がいいみたいです。


心のストレスと対話しながら、摂生を気にされてください。

長く草野球で活躍するために!



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック