FC2ブログ

2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

投手がまず狙うコースがアウトコース。

kage

2019/08/17 (Sat)

中学、高校と投手をやってきたけど、たいした投手じゃなかった。

中学は3番手投手。

言ったら敗戦処理。

または疲れがある1軍投手陣を休ませる役目だ。


高校でも投手がやりたかった。

結果は2番手投手。

エースにはなれなかった。


アンダースローで球速100前後。

遅いボールは打たれまくった。

スタンドにも運ばれた。

コントロールが大事なことはわかっていた。



でもね。


本当のコントロールってもんを知ったのは社会人になってから。


高校までは、真ん中を目がけて投げて左右に散ってくれ程度のコントロールしか持ち合わせていない。

でも高校時代、四球を出さない私が受けた評価は「コントロールが良い」だった。


これが間違いの始まりだったんです。



コントロールが良いのに打たれるのはなぜか?


それは球速が遅いからという結論をつけた。

もちろんチームメイト、監督までも「速いボールが投げれればな」とよく言われた。


私は筋トレ、走り込みとボールを速くするためのトレーニングを積んだのだ。


その成果もあって、社会人になるころには120キロほど出るようになった・・・・








あれ?速いのに、なぜ打たれるんだ?







華々しい草野球デビューをした。

高校野球あがりの私は化け物だった。

デビュー戦、満塁ホームランから始まり、次の試合は逆転サヨナラ3ラン、その次は先頭打者初球ホームラン。


凄い奴が入ってきた。


しかし、たいしたことではない。

今まで120キロ前後のボールで勝負してきた高校野球。

草野球は100キロのボール。打つのは簡単だった。


レフトから守り、次はショート、次はサードとだんだんと重要なポジションに変わる。


肩の強さも草野球には、まずいない強肩で投げていた。

高校野球なら普通レベルです。

でも草野球では、立派な強肩。

もちろん投手デビューが決まる。



打者のレベルだって、1番から9番まで振れてる人しかいない高校野球と違って、振れてない人の方が多い。

球速は120キロ。


バットに、かすらせない自信があった。



でも結果は違ったのだ。



高校時代と変わらず、打たれまくった。


おもしろいように、振れてないおじさんに弾き返された。

外野の頭を越えていく長打を打たれながらパニックになった。

なぜ打たれる?・・・・









スピードがなくても勝負していけるコースこそ、アウトコースだった。









そこでわかったことがある。

バッティングセンターを思い出してほしい。

単調なリズムでボールはだいたい同じところを通る。

なんとなくバットをそのあたりに出すとカキーンと打ててしまうのがバッティングセンター。

これは130キロだろうが140キロだろうが同じなんです。


速めにタイミングを取って、だいたいその辺にバットを出すと当たる。


私はそのバッティングセンターの機械と同じことをやっていたんです。

コントロールが良すぎて、いつも真ん中らへんにボールが行っていた。

しかも早ければ打たれないという思い込みがあったため、打たれるたびに「もっと速く、もっと速く」と腕を振り抜く。

しかし筋肉の構造上、現在の私は120キロ付近がMAXとなる。

そのタイミングでバットを出されたら、当たってしまうのだ。


そこで初めて気がついた。


打たれまくったせいで、試合は負け決定。


ならばそのまま帰るわけにはいかない。


おっさんたちと私の差は天と地ほど離れている。

抑えて当然の打者しかいない。

高校時代は相手が上ってことで片付いた。

しかし今は、格下のザクに打たれている現実。

原因がある。

自分は大きな勘違いをしている。

それを探さないと帰れない。



冷静にキャッチャーのミットを見た。

アウトコースぎりぎりを構えている。

そこに投げてみよう。


ストライクっ!


打者が見送った。


今まで迷いなく振り切ってきたザクが見送った。


もう1度。キャッチャーが構えるアウトコースギリギリへ。


球速は狙っているので110キロには落ちている。

はっきり言って120キロのえぐられたボールよりは絶好球なはずだ。

しかしまたしても打者は見送った。



3球目もアウトコースへ。


ガコっ、、、、ショートゴロ。

一瞬何が起こったのかわからない。

120キロのスーパーショットは打たれて、110キロの棒球が打たれないのだから。








コースを突くってことがめちゃめちゃ大事







今までは、打たれたのは自分の力が足りないからと思っていた。

それは相手が同等か格上だったから。

格下にも打たれて気がついたんです。

根本的に間違っていた。

コーナーをしっかりつくってことが丁寧に投げるって意味なんです。

時には力で抑え込むことも重要でしょう。

でもその力いっぱいも真ん中に入れば打たれます。

やっぱりアウトコースいっぱいに投げ込めることが大事。


格下のおじさんに打たれることで分かった事実です。



力の前にアウトコースにいつでも投げ込める技術を磨いてみてください。

あなたの草野球勝率は一気に上がるでしょう。

ありがとうございました。


相手がいない場合、こんなもんでも使って、アウトコースにだけ狙って投げていく練習をしてみてもいいかと思います。


関連記事

この記事へのコメント

kage

パトマッシュさんへ

パトマッシュさんが35歳以上かはわかりませんが、「35歳からのスランプ脱出法」と言う記事を作りました。
参考になれば幸いです。ありがとうございました。

Posted at 16:38:27 2019/08/29 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

どうもパトマッシュです。

最近全く打てなくて
「どスランプ」
なんですが
火の玉さんはスランプの時はどうしてましたか?

「どうせ飲みすぎやろがい!酒減らせや!」
とか
「朝起きて素振り100回しろや!」
という話ではなく

当日体調が良いのに打てない、という事です。
試合前日には、酒は飲みません。

ちなみに「3軍選手にスランプなし」は知ってますw

何かがズレてる。
そのズレをどう修正するか、って言えばいいですかね?
バチセンでも修正するんですが、どうも上手くいかないんです。

もしバックナンバーにありましたら、それ見ますので
どうぞよろしくお願いします。
m(_ _)m

Posted at 20:59:49 2019/08/28 by パトマッシュ


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック