fc2ブログ

2022 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2023 01

クロスバイクで手に入れる。最高の人生!!

kage

2021/06/04 (Fri)

有酸素運動の効果。

1日20分、もしくは週に150分の有酸素運動で、精神を安定させるセロトニンが出ます。

安心感、平常心、頭の回転を良くして脳の働きを活発にしてくれます。


じゃあ世話しなく生きる世の中でいつやるか?

しょっぱいしがらみの中、東京のバカヤロウがって剛さんのように叫ぶ俺たちにいつやれってんだ!


今日は火の玉が見つけた有酸素運動、超効率的メソッドのご紹介です。






ランニングって実は危険







40代で始めると、速攻で膝とカカトを痛めます。

思ってるよりも下半身弱ってるんですよね(笑)

腹のぜい肉分、膝にのしかかり、あっという間に壊れます。

変わりたいって気持ちをも打ち砕ける激痛となるんです。


だから50代、60代の方々って走らずにウォーキングしてるんだなと思いました。

鍛えぬいてる方じゃないとランニング趣味は危ない。


じゃあ、なにで有酸素運動して人生を爆上げさせるか?


私がやってる中で自転車最強です。


HIITトレーニングでもエアロバイク推しなのもそのためです。

HIIT記事はこちら→HIITで手に入れた。お金では買えない幸福を手に入れた」


自転車ってまず、アスファルトの衝撃を足にもろ受けない。

さらに膝への衝撃もなし。

それなのに太ももの筋肉へは効いているんです。


水分補給したいときも、自転車につけておいたボトルを取って飲めばいい。

ランニングだったら、ボトルを持って走らない限り好きな時には飲めません。


ランニングに比べれば、運動効果が高い上に便利。

脳機能やメンタル、自己高揚感の効果も全く一緒。


悪い点を言うならば腰痛がある方は前傾で走るため痛みが出るかもしれません。

しかしそれはランニングでも変わらないかと思います。

痛ければ休む。

治ったらまたトレーニングの継続で腰痛も感じなくなります。

それを言ったらランニングも一緒ですが、、、(笑)

痛む箇所は少ない方がいい。

あとは個人的に自転車のほうが風を切ってスピードも出て遠くまで行けるので気持ちがよかったです。

好きな時に水分補給できるのもトレーニングを楽にしてくれるんですよ。


なので有酸素運動するなら自転車最強なんです。






じゃあいつやるか?やる時間なんてないよって人へ







車移動を自転車移動へ変えればやれます。

例えば通勤を自転車にする。

遠い人は、途中まで自転車とか。

最寄り駅まで自転車とかです。

ひとつ駅を飛ばして、そこまで自転車で行くのもありです。


あとは休日のお出かけを自転車にする。

荷物はリュックに入れて行動すればいい。



意味のない時間を意味のあるものに変えていくと時間があるって感覚になる研究があります。


余裕があるって感覚になるそうです。

何もしないであろう待ち時間に本を読みながら友人を待つ人とスマホのネットニュースを見てる人とでは、心の感覚が違うそうです。

今日もあっという間に終わってしまったという感覚が、今日も色々やれたなって満足するってことです。


有酸素運動、自転車20分以上漕げたって思えれば、今日も前進できたと思えます。

充実した日々に変えられるんです。

そしてそれは感覚だけにとどまらない!


ここからは行動した後のあなたの未来の話になる。

しっかりとあなた自身が感じられるはずだ。

自分の体の調子に驚くはずだ。

いつの間にか、後ろ向きな考えがなくなっていることに気づく。


日記に罵詈雑言を書いていた日々が笑えるんだ。


日常で嫌なことが、圧倒的に減ったことに気がつく。

実際は減っていない。

でも自分の状態が良くなるから、結果的に減るんだ。


今日も漕ぎたい。筋トレしたいと思うだろう。

ジムへ向かう時も自転車にすればいい。

雨の日は迷わず車じゃない!カッパを着て自転車だ(笑)


そのぐらい自分の変化を感じられるだろう。


さらに車通勤の人はガソリン代も減る。

奥様も喜ぶ。

スマートな体を手に入れる。

奥様にとって自慢の旦那にもなり得る未来が、いまの選択で起こるのだ!





実は人生を変えるってこんな些細な行動なのかもしれません。

何か大きな行動をする必要はないんです。

ちょっとだけめんどくさい。

ちょっとだけ勇気がいる。

話しかけれない人に話しかける勇気、そこまで行くちょっと頑張ればいいだけの行動なんじゃないかなと思います。















関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック