fc2ブログ

2022 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 11

落ちたり、上がったり、落ちたり、落ちたり。

kage

2022/06/25 (Sat)

6月も終わりに近づき衝撃が走った。

9個上の先輩の降格人事が発表されたのだ!

係長になって2年半のあっという間の降格だった。

部活かと突っ込みを入れたいほどスピード降格。

フジヤマでも、もう少しためてから落ちるんじゃないだろうか。

そのぐらい私の会社では早すぎる異例の人事である。

2年半の降格は異例だし、今までどんなに失敗した人でも降格まではいかなかったのが今までの体制だった。

役員が変わり、時代が変わったことを証明する人事だ。

なんだかんだ残ってきた年功序列は、完全に崩れ落ちたのだ。

実績を出さない管理職は代えるという役員からの強烈なメッセージだろう。

もはや半沢直樹の世界やんっ!

かく言う私もプチ自慢になってしまい恐縮なんですが、異例の人事で昇格しました。

高卒の私が41歳で作業長になり、42歳では作業長兼係長は異例なことでして、これはこれで周りからの批判を浴びています。

前作業長が体調を崩されて入院したのがきっかけで私が上がってしまったというラッキーです。

私だけではなく、他の課でも若手の有望の38歳の後輩が作業長に昇格した。この子は私と違って実力でしょう。

そして今回の9個上の先輩の降格で、私の1個上の人が7月から作業長なのだ。

皮肉なもので、このタイミングで会社は過去最高益達成。

結果を出した私たちのボーナスは跳ね上がった。

「結果を出せ」の強烈なメッセージに負けない何かをやっていかないと私もバッサリといかれるだろうな・・・。



私が入社したときに若い奴らを引き連れて、飲み歩いていた先輩。

まわりも「この会社は、この人が引っ張っていくんだよ」って口をそろえて言っていた。

上役たちも、その先輩に「俺らのあとはお前だ。頼んだぞ」と言うぐらいだった。

きっと一時代を築く人なんだろうなと新人ながらに思った。

酒を飲みに行くたびに朝まで仕事のことを熱く語り、周りとも熱くなって会話をしてと仕事に生きてる人だった。

もちろん後輩たちの尊敬も集めた。

結婚式になれば、先輩が必ず呼ばれたし、私の時も呼んで祝ってもらった。

しかしいつしかITの波に乗っていけず、パソコンが出来なかった先輩はだんだんと昔の自信を無くしていった。

最近では強気な発言もなくなり、「おれ、わかんねーよ。できねーよ」が口癖で、期限を守れない仕事ばかりしていた。

ピーターの法則。

ピーターの法則とは、人はそれぞれの限界まで昇格して、最終的に無能になるという法則だ。

私が日々、バーベキューもせずに釣りにも行かずに、勉強をしているのはピーターに逆らいたいからだ。

次のステージでも限界にはならない。

俺は、さばいてみせる。

かかってこい、ピーター。俺は無能にならないぞと言う戦いなのだ。

でもわかってる。私もいつか負ける。

先輩を見下すことはない。負けたのが2回戦だったり、準決勝だったりするだけ。

同じ高校球児だ。降格と言えど、人生で考えたらたいしたことじゃない。引退が早ければ、それだけ遊べるっていうメリットもある。

人生も一緒だ。逆に重圧から解放されて、降格することによってピーターから逃れて、1つ下のステージでは有能なのだ。

承認欲求を得られて幸せになれるかもしれない。

負けるのはたいしたことじゃないってことだ。

私の前の作業長は退院して復帰して現在は私のサポートに回ってくれている。

本当は自分が最前線で戦いたいだろう。

でもいまだに病院通いで、少しの入力作業でも胸を抑えるほどの体だ。

前作業長の戦いは終わった。でも定年後も延長してサポートしたいと言ってくれた。

最前線からは退いたけど、追い詰められてた以前よりは、ずっと生き生きとしているようにも見える。

死んでしまったり、うつ病になったら大変だっただろう。

体調は崩したけど、息子が結婚するんだと嬉しそうに私に語ってくれた。

あのまま続けてたら、息子の結婚式が見れなかったかもしれない。

一つ落とせば、逆ピーターでより幸福になれるケースだってあるのだ。

もちろん最前線で終われるのが1番だけど、上手くいかなかったときは、そんな考えも持ってもいいと思う。

私は負けたらそうするつもりだ。

人それぞれだけど、いずれどこかで私たちは負ける。

私たちはプロ野球選手と一緒で少しでも長くシーズンを戦いたいだけ。


もちろん戦えない。勝てないって悟ったら、堂々と逃げるよ。


娘に死んでもプロになれって言ってるのと同じだし、無理なもんは無理。

生まれた時から決まってんだよ。

あきらめそうになったらさ、あと1回だけやってみようよって、立ち上がってここまで来ただけだ。



本日も快晴。もしも倒れそうなら逃げよう。また立てそうなら、もう1回戦ってみたらいいよ。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック