fc2ブログ

2024 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2024 04

基本、上手くはいかない。

kage

2024/01/14 (Sun)

良い時にイキって俺は凄いと褒めたたえる。
同窓会なんて、所詮マウントの取り合いだ。
海外で働いてるマウント。
年収マウント。
華やかな職業マウント。
子供全国クラスマウント。

年1回の地元の飲み会でも、新しいことは何もない。
去年もした昔話のリピートテープが流れる。
そんなもんだ。
変化のない1年を過ごしたんだと実感する。

インスタでのイキり。
自分がどれほど幸せで充実しているかをのたまうわけだ。
バカにはしていない。
私も先日の空手大会の優勝では、みんなに見てもらいたくて、しっかりとストーリーに出した。
会社に行って話題にしてくれる人もいる。
ありがとうって思っている。
でもイキるのは、ほどほどにしないとって気をつけている。

私はわかってる。
44年も生きるとそれ相応の挫折を味わう。

誰しもが頂点にはなれないで今なのだ。
44年も生きていて、今度こそ頂点をと意気込んだのは数知れずだ。
上には上がいる。
どうあがいたって勝てない人もちゃんといる。

私にとっての謙虚は意識してすることじゃない。
イキるだけイキって調子こいて残念な散り方をして得たのだ。
恥ずかしい思いをして謙虚さが身に付いた。

ある意味でのあきらめ。
世間一般では悪いこととされてる。
あきらめたら出来ない。
最初から自分をダメだって言ってる奴は、ダメなんだ。
だって今、ダメだって言ってるじゃん?って話をされる。

やれると思い込んで、日本一目指して散る確率の方が高いのにだ。

調子乗りすぎもダメ、マウント取りすぎもダメ、かと言ってあきらめてしまってもダメ。

私はどうすれば上手く生きていけるかを考えた。
目標は立てておく。
そこを目指した毎日を送る。
でも無理だと思うって考えるのだ。
その中で無理だと思うけど、がんばってみたいって思えたならばやればいい。
負けた時に、また立ち上れるから。
そして心の中では、「行けたらいいね」ってぐらいに思って努力を続けてればいい。

言っただろ?
高い確率で負けるんだ。
心が折れたら終わりなんだ。
少しづつ強くなっていけばいい。
少しづつ成長して行ければいい。
いつか届いたらいいなぐらいが、ちょうどいい。
それじゃあ一生届かねえよって思われるかもしれない。
だが私たち凡人は急いでも届かない。
期日を設定しても届かない。
散々、負けてきたから間違いない。
あきらめず続けた奴には勝てないってことを知ってるだけだ。

物事って長く続けないと成功しないんだよ。
その間にたくさん負けるんだよ。
負けを想定してない挑戦は、きっと砕け散る。
負けた時に本質が出るんだから。
もちろん勝った時のイキり方でも、その人の残念さが出てしまうんだけれども。


私の目標と休日の過ごし方の話をしておこう。
目標は50歳以上空手世界大会出場。仕事では部長になる。
趣味と仕事の両面の目標だ。
2つ追わない方がいいとは思う。
でも仕事は家族の生活のためにしなきゃいけない。
辞められない。
だから目標を持った。
趣味は楽しむだけじゃ飽きる性格上、世界大会にした。
10年後の目標になる。
50代でどこまで近づけるかだ。


平日は仕事。
帰って20分~30分だが資格の勉強。
早く上がれた時はジムで筋トレをしている。
それでも週1回あればいいぐらいだ。
どうせ仕事はやらされるから逃げずにやると基本は遅くなる。

休日の土日は2時間の練習。あとは2時間~3時間、資格所得の勉強。

なんら、おもしろくもない。
バイクでツーリングしたり、水槽で熱帯魚したり、サーフィン、スノーボードってもんには興味がない。
目標達成の方を取る。
終わってみて、俺の人生何だった?ってなるかもしれない。
でも、努力しないで遊んで、あの時やっていればっていう後悔。

中学、高校で学んだはずだ。
夏の大会で負けて終わった時、どうしてもっと練習しなかったんだろうっていう後悔をした。


楽をして負けた時ほど、つらいんだ。
やるだけやって負けたほうが、戦った自分を支えられる。
財産になる。
人間としての奥行きは確実に出ているのだ。


だから他人と違うことをしなきゃって思ってる。
皆が遊んでいる間にバットを振る。
そういう意味での資格の勉強とトレーニングの日々を選択した。

いつかは達成した後のことを書きたい。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック