2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ビヨンドマックスでのヒットの打ち方

kage

2011/02/23 (Wed)

強く当てすぎない。
ぶったたくってイメージだと内野フライです。
ダウンスイングともいいます。
やっぱりボールが卵型になります。

飛ばしてやろうとして下からアッパースイングするとゴロになります。

この現象は両方10割の力で振るとなってしまいます。

1番いいのはレベルスイングすることですがスイングより大事なのは
ビヨンドマックスの場合、力を入れすぎないことに尽きます。

すごく高反発のバットです。
極端な話をしますとインパクト(当たる瞬間)のときに握っていなくても
外野まで飛びます。

力んでポイントがずれる方が良くないです。

軽くポーンと打つイメージでヒットは量産出来ます。
長打、ホームランは少し力を入れないと打てないだけに難しいです。
上手い力の入れ具合、加減の方は自分でつかんでいくしかありません。

長打を打ちたいばかりに力んでしまうとビヨンドマックスは逆効果です。




おっいいこと聞いたぞ!これはしかたないな!
火の玉のブログを応援してやってもいいぞ!と言う方は下の
にほんブログ村 野球用品・グッズ
人気ブログランキングへ
一つで構いません。クリックしてやってください!!
最近はコメントも多く嬉しい限りでございます。ありがとうございます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

火の玉さん

私が小学生の時、右腕を骨折してギブスをしながら野球をしたことがあるのですが(カラーボールの遊び程度)、その時は左打席で左手一本で打っていました。

その時はすごく調子がよかったです。
これはきっと、この記事にもあるように力まずにバットを振れていたからかもしれませんね。

これぞビヨンドマックスかな(笑)
そんなわけないか!

Posted at 22:16:47 2011/02/23 by 読書で気づいた男

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

読書さんコメントありがとうございます。
そうですね!まさにビヨンド打ちです。
楽しんでる光景が浮かびました!
私はよくカラーボールは手で打って遊んでいた記憶があります!
また気軽にコメントしてやってください!!


Posted at 02:04:12 2011/02/25 by 火の玉


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック