FC2ブログ

2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

心臓しんとうの予防はするべきですか?。

kage

2011/07/01 (Fri)

最近の子供は食生活の変化もあり、昔に比べて体つきがよくパワーのある子が
増えました。

十分、予防された方がいいです。
実際に打球が当たって命があぶなかったという話を聞いたことが
あります。


昔は甲子園はラッキーゾーン(外野のフェンスの前に柵を立てたゾーン)が
ありました。
時代と友になくなりました。子供たちのパワーが上がっています。

さらにバットの規制まで入ります。
900g以下は使えないルールになりました。
軽いバットでスイングが早く金属の反発力で、ものすごく早い打球を
打つ打者が増えて、ピッチャー返しで顔面に当たる事件が増えたからです。


小学生も同じです。特にボールを取る技術が追いついていないのに
打球が早いので危険です。


心臓しんとうの予防は必要ないという親御さんは、それで構いませんが
迷われているのなら、保護パッドをつけてのプレーを私は勧めます。

取り返しがつかなくなってからでは、後悔してもしきれません。



最後に注意点・・・

つければ体は熱くなり、これからの時期は熱中症もあります。
水分補給や塩のかたまりを持たせてなめさせるなど対策は十分におこなって
ください。


関連記事

この記事へのコメント

kage

早速の回答ありがとうございます!
やはり、体格、道具の発展による影響もありそうですね。使ったことがないから動きやすさわかりませんが、子供たちには推奨するべきですね!

Posted at 14:28:10 2011/07/01 by 久

この記事へのコメント

kage

久さんへ

もちろん言われたとおり、道具の進化も打球速度に大きく影響しています。
軟式用バットでも今は、ほとんどが硬式素材ですし、ビヨンドを使う子供さんもいますからね。
サード、ピッチャーは特に危ないです。

Posted at 21:14:57 2011/07/01 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック