2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

草投手とのキャッチボールは当て取りしてあげよう

kage

2011/07/05 (Tue)

当て取りとは・・・

ボールが来てグラブを閉じずに当ててボールを素手に落とす取り方です。
普通の取り方はグラブを閉じて取ります。


なぜ当て取りするんですか?・・・

普通に取るより、音が鳴ります。
バチンッと音が鳴ったほうが投手は調子がいいと思います。
試合結果にも大きく影響します。
今日は調子がいいと思って投げる球はコントロールされて打たれる率、
そして何よりも四球が減ります


草野球の投手は・・・

100キロ~110キロが主流です。
その程度のボールで音を鳴らして取るのは、経験者でしかもキャッチャー出身
じゃないとむずかしいです。
だけど誰でも簡単に音を鳴らせる方法が当て取りなんです。



その証拠に・・・

私はこの間、助っ人に行き65歳のおじいさんのボールを当て取りで
キャッチボールしました。
「とてもいいボールです。その辺の投手より早いですよ。」
と声をかけると少し照れていました。
そのおじいさんは、20代の若手チームを6回7失点で完投勝利して
しまいました。
正直、勝つのは大変だなと思っていましたが勝ってしまいました。
投手を乗せて投げさせる効果を改めて実感しました。


普通のキャッチャーは・・・

取る瞬間、ほんの数センチグラブを前に出して音を出します。
これは高等技術で遊びでやると親指を突き指します。
出さずに当てるだけで、それなりの音は出ます。
理想はしっかり取ってあげたいのですが、音だけでも十分です。

勝って打てるのが1番ビールをおいしく飲めますので、当て取りで
自分のチームの投手を盛り上げましょう!
関連記事

この記事へのコメント

kage

ブログへのコメントありがとうございました!

火の玉さんに言われて、そういうとらえ方もあるなと思いました。

なんか、どうしたらいいの悩んで、我慢ができずに記事にのっけてしまいました。

どうもありがとうございました。

とても救われました。

Posted at 22:00:14 2011/07/06 by 暇人


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック