2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

素振りで左手首(右バッター)は痛くなる。マグダビットのサポーター。

kage

2011/10/16 (Sun)

重いバットでの素振りはやられます。
またはバッティングセンターでの1番早い、いわゆる剛速球打つときも・・・ 左手首は痛くなります。(右バッター)
やはり衝撃が強いのだと思います。


今、書いたような練習をされる方は・・・

サポーターをつけてバットを振ることをおすすめします。
痛めることは、無くなります。
ぜひやってください。
これだけはフォーム関係ありません。

重いトップのバットを振る衝撃。
早いボールを打つ衝撃はどうしてもかかります。




私はこのサポーターは練習のときだけ使用しています。・・・


数多く振りますので手首の衝撃は抑えなければいけないからです。
試合は1打席に3~4スイングなので、いいかと個人的に思っているために
使っていません。
あとは試合で使えるかの確認も取っていないからです。


今回は練習用です・・・

普通のサポーターよりは少しロックが強いほうがいいです。
弱いとだんだんずれてきたり、すぐ摩擦でサポーターに穴があきます。
ロックが強くて硬い方をおすすめします。


手首が動かない・・・

いいと思います。
実は変に手首をこねてしまう癖のある方には、ある意味矯正にもなります。
だからこそ固めのサポートです。
私はマグダビットが出る前からミズノのサポーターを手首に巻いて
使っていました。
打撃練習、スイングのスキルアップには絶対必需品と考えています。
今はプロ選手が使うようになり一般化されました。

先に手首が必ずやられます。

やられる前につけましょう。
少し固めのロックが強いサポーターは最近だとこれがいいかと思います。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック