2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

上手い人は謙虚です

kage

2012/05/27 (Sun)

いやいや上手くて傲慢な人はいますよ。
上手いから悔しいけど何も言えません。

そういう人は私もよく見かけます・・・ 私から見ると上手く見えません。

大きめの声で野球理論を語ります。
下手な人を見るとすぐダメだしをします。

実は私も若いときはそうでした。
はっきりわかります。このときの私は下手です。



本当に上手い人・・・


すごく練習している人は今、自分のいる世界の広さを知っています。
だから謙虚になります。
練習をして上の選手と出会うことで自分が1番ではないことを知ります。
もっともっとやらなくちゃって思うんです。
自分のチームの初心者相手に威張り散らしている暇はないのです。



私の見る上手い人・・・


自分が主力にはなれないような強いチームに所属しています。
そこから練習を重ねて4番になったり、ショートになったりと主力選手になっています。
それでも言うんです。
「俺は休んだらすぐに外されちゃうよ」
「4番なのにですか?」
「俺が少しでも油断すれば、すぐ取られるし守備や足は負けているんだ。だから練習はかかせないね」

強い組織に身を置いています。

上手い選手をたくさん知っています。
だからこそ自分はまだまだだと誰に対しても謙虚になっています。




私もそうです・・・


自分のセンスに酔いしれて草野球をなめきっていました。
チームKでお世話になるようになってたくさん優勝してわかったことは、自分がまだまだであることです。

2三振、ファーストフライと手も足も出ない経験。
そのとき他の選手はガンガン打っていました。
自分が手も足も出ない投手から打っている。

軟式ボールが金属バットでスタンドへ入る。
ありえないと当時、思っていただけに、しばらくそこを動けませんでした。
すごい人たちと野球をやっていることだけは、わかりました。



そこからです・・・


素振り、素振り、素振り。バッティングセンター。素振り。
会社のチームともう1チームを掛け持ちしていましたが、今までとは違います。
うんちくを語ったり、自分のプレーを自慢することはありません。
自分が1番ではないことを知っているからです。



傲慢な人は・・・


今いる世界がすべてで、自分が1番です。
見てすぐわかります。この人はたいしたことない。今日は勝てるだろう。

私はこの傲慢な人だったので、よく負けました。
そこから言い訳までして、人のせい、環境のせいにしてました。

自分がびりになってしまう世界を知らないからです。
厳しいチームに身をおける人は練習に練習をして実力をつけた人だけです。
実力があるから世界の広さを知ることが出来ます。
広さ(凄い選手)を知っているから謙虚になります。


その凄い選手もさらに広い世界を知っていて謙虚です。
そういう選手に触れることで私は、変わりました。


本当の実力者は謙虚です。
このような選手を早く見つけて教わると上手くなるのが2倍の早さになります。

ちなみに教わるのは技術ではなく、取り組み方だとわかります。



謙虚になりわかったこと・・・


謙虚になり、うんちくを語ったり、技術指導をするのをやめました。
そうしたら驚くぐらい皆さん、何も聞いてこない!
そう、私はただただ、うざかっただけです。
言わなければ、教えてくださいと来ると思ってました。
まさに傲慢です。
お恥ずかしい限りでございます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 04:43:02 2012/05/28 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 12:28:50 2012/05/29 by


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック