2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

内野フライ地獄から抜けたい

kage

2013/03/06 (Wed)

ビヨンドマックスを使うことでポップフライになります。
ペッスッ!
サードフライ、セカンドフライ。
ボールは見えているのに・・・・ 捕らえたと思っていたのに回転だけすごい力のない内野フライ。
これをポップフライと言います。


この現象がなぜ起きるのか?
ちなみに金属バットだと後ろへ飛ぶファールになります。


簡単に言えば卓球でいうカッター。
ゴルフでいうロブショットです。



共通点はボールの下を擦って打ち上げますが、その前に上から斜めの角度で入り、ボールの下に
ラケット、クラブをくぐらせて、ペッスッとあげるわけです。



だから上から叩きすぎだと書きました。

自分の感覚では叩こうとして上から叩いているつもりが、ボールの下を擦ってしまっていることに
気が付かず、もっと叩こうして土ツボにハマる現象です。


人の感覚はそんな簡単に修正が出来ません。
今できることは叩くのをやめること。


ここで注意点ですが叩きつける打撃が悪いわけではありません。

叩きつけた結果、ポップフライになる結果が悪いのです。
叩きつけてヒットならちゃんと叩けているので、そのスイングでいいのです。

結果ポップフライになったときは、叩けていないから修正をしてくださいという話です。



1番いい修正法・・・



はい、もうわかっていますね。


もっとちゃんと上から叩くのではなく・・・・
上から叩くのをやめること


アッパースイングをすればいいのです。
ちなみに感覚的にあなたは叩きすぎの状態なので、そんなあなたがアッパースイングしても
実はアッパースイングになっていません。
レベルスイング程度の状態です。
だから思いっきりアッパーにしてください。

それこそ感覚がずれているのでショートフライでいい。
ショートフライを上げてしまえと思ってショートフライは打てません。

そんな完璧にショートフライが打てたら、叩いてヒット出来ていますから。

ショートフライを狙ったあなたの打球は全然、上がらない。
結果はレフト前、センター前のヒットになります。


よくシートノックでキャッチャーフライを上げようとしたノッカー失敗して左中間真っ二つを
打つことがあります。
あれと同じ現象が起こるので安心してください。





最後に初心者の方へ・・・・


右バッターで説明します。
アッパースイングですが、左わき(右バッター)を開けてアッパースイングはしてはいけません。
野球のアッパースイングは左わきが締まっている状態でしてください。
上げたいと思って左わきが開いていると、これは禁じ手となります。

バッティングフォームは自由ですが左わきを開けたスイングは必ず打てなくなります。
わからない方はタオルでも葉書でもいいです。左わきに挟んで振ってみてください。
タオル、葉書が落ちるようなら脇が開いています。

右わきは開いていてOKです。
関連記事

この記事へのコメント

kage

キャッチャーフライ

いつも素晴らしい記事をありがとうございます。


私はキャッチャーフライが圧倒的に多く打率が今季1割いっていません。


これも叩きすぎなのだろうと今回の記事で思っています。

私は短い期間ではありますが硬式経験が有ります。


そのせいなのかなと思っています。



今後も記事の更新楽しみにしてます。

Posted at 00:31:48 2013/03/07 by #26

この記事へのコメント

kage

♯26さんへ

読んで頂きありがとうございます。

アッパースイングプラス8割ぐらいでスイングすると上手くいくかもしれません。
キャッチャーフライならそこまで深刻ではないと思います。
センターを狙って打てば大丈夫です。
ありがとうございました。

Posted at 11:03:22 2013/03/07 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 08:48:22 2013/03/09 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 00:16:19 2013/03/19 by


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック