FC2ブログ

2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

50の引き受け方

kage

2013/06/19 (Wed)

この世界は幸せ50、苦しみ50で成り立ってますよって話をしました。
「誰かが受け持つ」に50対50の法則は、詳しく書いていますので興味のある方は見てください。

この50を私たちは80にも90にもして私はついてないと嘆き、苦しむのです。
多めに苦しみを引き受けてしまう私たちは、ここを・・・・・ 50で引き受けて残り50の幸せを感じてもらいたい。

例えばがんの宣告を受けた人は100対0。
交通事故も100対0。

普通に働くサラリーマンのあなたでも80対20で生きている。
この20の幸せが金、土の居酒屋と言ったところでしょうか?


ここから家族の問題をかかえる人はもう大変。
120対0・・・・もう法則もくそもない。


私の会社には、苦しみ5000じゃないかという人もいます(笑)



この50から上。
60、70、80の部分が霧。
本当はすぐそばにある幸せ50が見えていない状態です。
俺は幸せ10しかない・・・こんな人に「50、ほら50あるよ」っていうのが私です。






超バランス・・・



どうして苦しみ50なのか?
簡単に言えば、カミナリに打たれないように上ばかり気にしていたら、穴に落ちた。
つまずかないように下を見て歩いていたら目の前の電柱にぶつかった。

もうどうあがいても無理。どう気をつけてもこうなってしまう。




人の場合だと嫁のお母さんに文句を言われた。
何とかしたいと嫁のお母さんの問題を解決する。
簡単に言えば、あなたは嫁のお母さんから100点を取った。

そうすると今まで100点をもらっていたはずの嫁のお父さんが、今のお前は60点だから40点補えと
新しく文句言う。

今度あなたはお父さん、お母さんから100点取るために頑張り100点取った。
これで解決かと思ったら、嫁から「私と両親どっちが大切なの?」・・・なんてことになる。

嫁から30点と言われたので、点数を稼いでいると上司から「最近やる気ないぞ」とくる。
友人からは「自分のことしか考えてない」と言われたりする。

全員から100点を取ることが無理なのに取れないことに悩む。
幸せ100を目指すけど、そうならないじゃいかと苦しむのです。

無理!


だから50を引き受ける。
そうするとちょうどいい。

この悩みでいいやとする。
これを解決しても同じような問題が出るならば、今のこの問題、この苦しみでいい。
これを50として引き受けましょう。

解決をあきらめよう

また書いてしまいました。解決するなって(冷や汗)



私の場合ですと嫁と仲良くいたい。
子供とも愛し愛されという関係がいい。
野球も楽しくやりたい。

だから会社でなにか問題があることは、それをOKとしています。
上司、部下の間でいろいろなストレスがあっても、それはOK。
出荷対応で追われて怒られても、ここを50として引き受けています。






幸せは不幸せがないと存在しない・・・



のどがカラカラになるからコーラがうまい。
毎日、小さな浴槽の風呂に入っているから年1回の温泉が気持ちいい。
仕事をしたから、そのあとのビールがうまい。
練習を重ねたから勝利が嬉しい。


必ずバランス。ここが平行なんです。


もっといきます。
幸せもやがて不幸せに変わる。

ビールの1杯目が幸せで、これが3杯、4杯、5杯、6杯となれば気持ち悪くなる。
スイーツを口にして幸せだった。これがずっと続けば苦しみです。甘いものは見たくないとなる。
布団に入って幸せ。そこから寝すぎて睡眠15時間になったら体が痛くて不幸せ。
あんなに疲れて横になりたいと言って横になったのに、それがつらいから起きたいとなる。


わかりますか?
苦しみは引き受けていいのです。
といよりは、必ずあると考えてください。


これでもう大丈夫。悩みはなくなったと思っていても何もない状態が苦しみになる。





50以上で引き受けない・・・




実際は50しかありません。
私たちは心で勝手に60、70にしています。

だからガン宣告を受けても実は50。
真っ暗で見えていないだけ。





私の母は・・・



すい臓ガンで56歳の若さでこの世を去りました。
当時は別居していたので、家と実家の往復で看病していました。
看病に行った嫁が、こんなことを言うんです。

暑い夏、体がきついから冷やしたくないと嫁に「ごめんね」と言ってクーラーをつけない母。
嫁も承知で看病をしていたときに、息子の私が「大丈夫か?」って仕事終わりについた。

「大丈夫よ」って突っ伏した体をゆっくり起こしてクーラーのスイッチをつけた。




他の日、今日は調子が悪いと寝ていた。
ずっとコリコリのほぐれない背中を押し込むようにマッサージしていた嫁。

私が着くとゆっくりと起き上がり、台所へ向かった。
「淳ちゃん(嫁)牛乳と缶とって」
痩せ細った枝ような両腕で鍋をようやく持ち上げてガスコンロにおいた。
母はコーンスープを作り始めた。
子供の頃から母のコーンスープが大好きで作ってもらうと喜んで食べていた。
そのコーンスープが出来上がると満面の笑みで私に皿を震わせて渡した。



ある日、限界がきた。
私の横で寝ている母が、「アイスコーヒー飲む?」と聞く。
「ああ、ちょうだい」

いつもよりさらにスローにのっしっと立ち上がり台所へ。
慣れた手つきで砂糖をまぜながら私に持ってきた。
「うまいっ」

それを聞いた母がそのまま受話器を取り、病院に連絡をした。
「もう限界なので戻ります」


母のアイスコーヒーは砂糖が多い。
甘い甘いアイスコーヒー。冬はカフェオレにしてくれる。
中学、高校、社会人と結婚して出ていくまで、毎朝かかさず出たコーヒーがこれだ。
最後にふさわしいものだった。

全部、知っていた。だけどあえて言わずに甘えた。
きついのは嫁から全部、聞いていた。
それは母にとって私に残された時間で何かしてあげることが、間違いない幸せ50だったことを
知っていたからだ。



母は病気でも母。
私は息子。変わらない。


病院に戻り1週間後、友人の結婚式で母のところに行けない日があった。
いつ逝ってもおかしくない状態だった。

2次会のときに嫁から5回目の電話がきた。

「あなたを待ってる。帰ってきて」
すすり泣きながら私に訴えるように言った。


もどって次の日、朝。
看護婦さんから「意識は戻りません。反応もないですが声は聞こえていますので声をかけてあげてください」


私が声をかけた。
「おふくろ、かえってきたよ~」

反応をしないはずの母の目がピクっと動き、次の瞬間、起き上がった。
起きて私を見つけると手を出した。
その手をそっと握ると母は何度も私に頭を下げた。
瞳孔は開きっぱなしだったので、話すことはなかったが私の声は届いてしまった。


嫁がぐちゃぐちゃの顔で「ねっ待ってたでしょ。ひっくひっく」

「俺、めちゃめちゃ、愛されてるなぁ、もう終わりかぁ」


最後は私にみとられて、安らかに逝った。






やっぱり50対50・・・



ガンになってもではなく、ガンになったからこの幸せを母は最後に感じて逝けた。
母は幸せだった。
いつも私が帰ってくるのを楽しみにして闘病中は料理を作った。

「お前にひとつでも多く、おいしいものを食べさせてあげる」

笑顔で話す母の顔をいまだに忘れていない。

母はガン宣告を受けて下を向かなかった。いや向いたかもしれない。
ただやるべきことは決まっていた。

がん50を引き受けて、息子との時間50で生き抜いた。



のちに50対50の法則を知るわけですが、この経験があるから腑に落ちています。
解決すべき問題というのは、自分の心がどうしても我慢できなくて60、70になっているのなら
とりあえず、解決してみてください。



そこから変わらないということに気がついたら、私においしいコーンスープを作ってください(笑)

ありがとうございました。


関連記事・・・
「誰かが受け持つ」
関連記事

この記事へのコメント

kage

Fさんへ

おじいさんは天国で、自慢をするそうです。
あれが私の孫だと。Fさんがゴミを拾ったり、席を譲ったり、募金をしたり、寄付をしたり、
お墓参りをしたり、仏壇に手を合わせることを功徳(くどく)を施す(ほどこす)と言います。
この功徳を施すたびに、人に喜ばれる生き方をするとおじいさんやそのまたおじいさん、先祖が
喜んでFさんを自慢します。

これが本当の孝行だという説を私は信じております。
すべては1つという考え方もあるようですが、今の私は魂ひとつ、ひとつを信じます。

これからも曲がることなく、ぐれることなく誠実に生きておじいさんを喜ばせる生き方をしてください。


それと文章が見事にまとまっていて驚きました。
Fさんは頭も良く成績がいい人で親孝行もされているように思いました。

ありがとうございました。

Posted at 21:54:30 2013/06/22 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

火の玉さんへ

火の玉さん僕も幸せと不幸せは、半分、半分で物事は
成り立っていると僕も思います。僕も火の玉さんと同じ様な体験を
した事があります。僕の場合は祖父でした。
僕が1才のとき「F、キャッチボールをしようか。」と祖父が
言いました。これが僕の初めての野球との出会いでした。
やっていくうちに面白くなっていきました。
巨人の野球中継を観たり祖父といっぱい野球をしました。
2才になって祖父が調子が悪くなりがちになりました。母からは
「無料させちゃいけないよ」と言われました。
ある日、「キャッチボールをしよう。」祖父が言いました。
「おじいちゃん、大丈夫なの…。」「大丈夫だから、な。」
僕は笑顔でキャッチボールをしました。祖父は僕に聞きました。
「F、じいちゃんとのキャッチボール、楽しいか?」
「うん!じいちゃんとのキャッチボールとっても楽しいよ!」
僕が答えると「そうか…。」と祖父は答えました。
その1日後祖父は入院しました。
数日後、夜中に起こされました。「おじいちゃんがあなたを待ってる。」
親に言われ病院に行きました。
ベッドの上に祖父がいました。「じいちゃん来たよ。」と言うと
すっと起きて僕に言いました。「F、お前は家の三代目だ。
これから一生懸命生きなさい。お前はわしの自慢の孫だから。」
これが最後の言葉でした。祖父は安らかに逝きました。
僕は祖父の死という不幸せとある幸せをもらいました。
その幸せが今の野球少年Fなのです。
これが僕の夢プロ野球の原動力なのです。
長い話すいません。
お母様の御冥福をお祈りします。

Posted at 13:18:41 2013/06/22 by F

この記事へのコメント

kage

はいぼーるさんへ

はいぼーるさん、ずいぶん早くにご両親を亡くされて当時は、大変だったと思います。

早くに経験されたことにより、はいぼーるさんは奥深い人になっています。

つらいときにつらいという。
きついときにきついという。

これは簡単なんです。

みんな何かを背負い、しんどい思いをして生きています。
その中で、色々なことを胸にしまい笑顔で生きていける人は凄いと思います。

お前は悩みがなくていいよなって言えてしまう人は、なにも見えていない。
薄い人だと私は思います。

笑顔すぎる人ほど、なんて深い人なんだと思わされます。
何もないわけないのに、何もないように振る舞うことが出来る。
そういう人が、はいぼーるさんのような経験をされていて驚くことが多いのです。

今回もいい話を読ませてもらい、感謝してます。

ありがとうございました。

Posted at 19:55:10 2013/06/21 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

野球魂さんへ

お久しぶりです。
もう3年生ですか。
中学でキャプテンというお話を聞いてもう高校のキャプテンとは時間があっという間に
流れているのを感じました。

大学、社会人、プロ、メジャー、日本代表と行けるところまでいってもらいたいです。

野球魂さんのことは、ずっと気にしています。
忘れることはございません。

コメントを頂けてほっとしております。

最高の夏にしてください。
甲子園の中継で息子さんの姿を見れたら私は最高です。
ありがとうございました。

Posted at 19:36:20 2013/06/21 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 16:53:57 2013/06/21 by

この記事へのコメント

kage

50対50

私も両親をガンで亡くしました。
母の時は大学生で、ただ何も出来ませんでした。
父の時は余命半年を宣告されましたが、結婚式を挙げられました。
母には大学進学までしか見せらませんでしたが、
父には周囲の反対(体力的な)を押し切って晴れの姿を見せれました。
火の玉さんそれに奥さん、とても立派です。
この記事を読んでいて未熟だった頃(今も)を思い出します。
確かに今はシンドいかもしれませんが、過ぎて振り返れば50-50なのかも知りませんね。
生きている間は50の幸せが必ずあるって事ですから、
だから何があっても生きるべきですね。
超一流打者より確率が良いです。

ありがとうございました。
長々と失礼しました。

Posted at 22:56:14 2013/06/20 by はいぼーる

この記事へのコメント

kage

お久しぶりです

お久しぶりです。覚えてますでしょうか?
久しぶりに火の玉さんのブログを読み、変わらないと嬉しくなりました。
私は、父母会長をしていて、忙しくしてました。

受験生の時にこのブログで質問させて貰っていましたが、今では、高校三年生。
キャプテンになり、キャプテンとして、最後の夏の大会を目の前にしています。

最後の大会、悔いなくやり遂げて欲しいと思っております。

火の玉さんに報告したくて、コメントしました。

Posted at 20:37:27 2013/06/20 by 野球魂


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック