2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

てめえ、やる気あんのか!?

kage

2013/07/02 (Tue)

うるせえ、やる気なんてねえわ!
休日つぶして来てやってんのになんだよ!


ヘルメットを投げつけた・・・・
この方は以前、監督にやめろと戦力外通告をされて辞めています。
その後、人数不足で呼ばれて行きたくなかったけど野球に来たら、ボロカスに言われて切れてしまった。

チームは困ったときだけ頭を下げて都合よく使い、そのうえ感謝もなく罵声を浴びせた。


さあ、どう思いますか?切れて当然だと「人間火の玉」は思います。
だけど現象はゼロなんです。


火の玉はこれも怒る現象ではないと説明したいと思います。






電車でさわぐ子供・・・




電車で小学生二人の子供がさわいでいました。
吊革にぶらさがったり、座席に乗って飛び跳ねたり、それはそれはひどい、はしゃぎようでした。

近くに父親がいるのですが、そんな子供まったく注意しません。

まわりの乗客もなんなんだという態度で見ています。

一人の乗客が「いい加減にしろ」と父親に注意をしました。
まわりの乗客もよく言った!そんな顔で見ています。


子供の父親が口を開きました。
「いや、つい先ほど病院でこの子たちは母親を亡くしました。今その帰りでしてこの子たちも
母親が亡くなったことはわかっています。いつもはこんなことはしません。
私はこの子たちに何を言ってあげればいいか、わからなくて・・・すみません」



注意した乗客は何も言わずに席にもどった。
この電車の乗客全員がさわぐ子供を許した。


子供がさわいでいる現象は変わりません。

乗客の心の状態が変わったのです。
子供たちなりに何かを考えてこの行動をとっている。
今日だけは今日だけは、そうしてもいいのではないか?


内側の思いで、いらつく、許すを決めています。






もしも最後だったら・・・



今回のことも心の条件を変えてみます。
もしもあなたがガン宣告を受けていて、今日が元気なうちに出来る最後の野球だったらどうでしょう?


足、引っ張るなよ

てめえ、やる気あんのか?


これを言われて最後の野球でヘルメットを投げつけて終われるでしょうか?
今日が最後です。次はありません。

私ならヘルメットを投げません。
誘ってくれた仲間に感謝します。
戦力外にしてるのに、また受け入れてくれたチームの人にも感謝できます。
口は悪いけど、いい人たちだった。
ありがとうと言って最後の野球をして入院します。



例えばの話ですが、真面目に読んでください。
本当に一つ一つが最後だと思って生きるべきなのです。





明日は約束されていない・・・



私たちは、いつの間にか勘違いをしてます。
70歳ぐらいまでは生きるだろう。そう思っています。

死を目の前で考えてないのです。
明日は当然くる。

だから今をあいまいに生きてしまいます。



どうでしょうか?
今まであなたの身近で亡くなった方は、すべて突然、逝ってしまったのではないでしょうか?
私たちは突然、お迎えがくるのです。


神戸の震災、東北の震災、ガン宣告、交通事故、くも膜下出血・・・さまざまな要因で約束された明日はない。


だから最後だと思って人と接しないといけない。
人生が後悔になってしまうから。


心の設定は、常に最後にするべきです。

神の提示はそういうことなのです。

憎んでていいの?
不幸を願ってていいの?

あの人は明日いなくなるよ。
あなたは〇月〇日でこちらにくることになるよ。


許しなさい。愛しなさい。
あなたが救われるから。
自分のために敵を許し愛しなさい。





私も未熟・・・



こんなかっこいいことを書いていますが、残念・・・私も今回の件なら怒っているかもしれません(笑)
そんな中で、あなたが穏やかになれず、すいませんと反省しているところが救いです。

人間ですから怒っていい。
怒っていいけど、苦しいよとお話はします。

今回であなたは彼らを憎み、彼らが地獄に落ちてあなたに俺が悪かったと反省するまで
あなたはその怒りを離せない。
あなたを傷つけたのと同じぐらい相手が傷つかないと気が済まないのです。

この感情を握り続けることになり、今後は苦しいです。

ここをやめて許しましょう。
愛しましょうと私は書きます。


どんな仕打ちをされても許すことで怒りが離せます。
明日が最後だと思えば許せます。

自分のために許してあげてください。

ありがとうございました。


関連記事

この記事へのコメント

kage

火の玉さん、こんにちは。
遅球人です。
日々の更新を楽しみにしております。


響きすぎる。
一言一言が胸に突き刺さる。
「後でいいや・・・」「明日でいいか・・・」
こうやって生きてきて、今まで後悔してきたのに、まだそれを続けている自分が情けない。
そんな自分を打破するためにも、アドバイスを頂きたくコメントさせていただきます。


心の設定を最後にする。
まさにこれが出来ていない。

頭では理解している。
「ここで、今まさに自分が倒れたら・・・?」
そんな風に思う日もあるのに、結局後回し。


私は、少年野球のコーチをしていますが、なかなか伝えられないことが多々あります。
「肘が低いなぁ。でも試合前で、変に言って制球乱されても困るし、あとで言おう」
「捕球の態勢が高いなぁ。あれ、次は打撃練習?じゃあ後で・・・」
こうやって結局は言えないまま練習(試合)が終わる。

「正しいと思っている間違っていることを教えるお父さんたちが伝える」よりも、「経験者である自分が何も言わない」ことが罪だとわかっているのに・・・

このチームで少し問題がありまして、
「試合に出れないから・・・
僕はいてもいなくても同じだから・・・
行きたくない(辞めたい)」
という子供がいるようです。

普段はそんなそぶりは見せませんが、ある日そんなことを家で話していたそうです。

100人近くいるようなチームなら、辞めて出れるチームに行くというのも一つの策だとは思いますが、なんせ地元の30人弱(1年生~6年生)のチーム。
一人いなくなるだけでも、影響は大きい。


私は、彼らにどのように接したら良いのでしょうか。
コーチとしてというより、個人的には、
「彼ら、一人ひとりがすごくかわいい。かわいいからこそ、誰一人と欠けることなく、楽しく、笑顔で、野球がうまくなっていって、卒業してほしい」と思います。


内容がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、お答えできる範囲で構わないです。
なにか、アドバイスをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Posted at 11:52:05 2013/07/03 by 遅球人

この記事へのコメント

kage

火の玉さんへ

火の玉さんの書く記事はとても勉強になります。
4打点出した次の日の試合の結果を報告します。
打撃はフォアボールくらいしかいい事がありませんでした。
バントのサインを出されて一発でサードとピッチャーの間に転がして
「よし!」と思った次の瞬間左利きのピッチャーがセカンドランナーを
サードでアウトに取られて唖然としました。
他の打席は、全てサード、ショートゴロでした。
ミート力は上がってきました。
ですが、まだ足りない物がある…。
それはやっぱり長打力…。
前にこの事を相談して毎日バットを降り続けてきました。
毎日400回一生懸命降り続けているのに、長打が出ない…。
一ヶ月毎日振っている約30日だから約12000回…。
これが結果になるには僕はどうしたらいいのでしょう…。

Posted at 22:43:49 2013/07/03 by F

この記事へのコメント

kage

遅球人さんへ

遅球人さん、こんばんは。
これもいい質問です。
法則を記事にして書きたいと思います。
ただいま質問が殺到しております。
順番に作成してますので、もうしばらくお待ちください。

Posted at 01:58:11 2013/07/05 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

Fさんへ

400回ですか?素晴らしいです。
必ず、報われる日が来ます。

なぜ打てないか?はっきり理由がFさんのコメントの中に出てしまっています。
それでは打てません。
答えは記事にします。
順番に更新しますのでそれまで、かかさず400回を続けてお待ちください。
今のままでは無理ですが、素振りはしておいてください。

一見、意味がないと思うことの中に、大事なことが入っています。

ありがとうございました。

Posted at 02:07:35 2013/07/05 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック