2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

自分を守る必要がない、より上がる方法。

kage

2014/02/04 (Tue)

自分がカッコ悪いからこれが言えない。
知らない。出来ないとは言えない。

だからいつも少しだけ背伸びしてしまう。

良く見せようと頑張ってしまう。


例えば、「すげ~新車じゃん、いくらだったの?」
と聞かれて450万と答えるが本当は430万。

「この間の女とどうだった?」

ああやったよと答えるけど本当はやっていない。



今まで釣った中で1番大きいのが60cmだね。
本当は40cm。



人はすごいと思われたいがために、少しだけ嘘をついてしまったり、少しだけ出来ると言ってしまいます。




だけどそれは全部ばれてる・・・・・
実は全部ばれています。

パズドラで課金しないで〇〇点いったよと自慢していた人はこう言われています。

「またあの人、話もってるよ」

その人の前では「すごいっすね」なんて合わされてる。


なぜかそのままが見えます。
だから頑張らなくていい。
あなたはあなたのままでいい。


みんなそのままのあなたを知っています。


年とか関係なく知らない物は知らないと言っていいし、やったことないものは教えてと言って大丈夫。

知らないのもやったことないのもみんな知ってますから。



見栄は誰も指摘しません。
そのまま聞き流されて、陰でバカにされてます。


さらけ出しても出さなくても、最初から見えている。
だからそのままで全然、大丈夫。

あなたはカッコ悪いと思うかもしれない。
隠しているけどばれている。
だからカッコ悪いことを言ってしまい認めてしまう人が本当はかっこいいと言われる。



450万と言ってもあなたの価値が20万上がるわけではない。
みんな430万なのを知っています。
最初から背伸びがいらないんです。

ダサさを前面に出している人の方がよくなります。
というより見えているんですから、言ってしまった方が自分が楽。


私は所詮、この程度。
好きなようにみてください。

がんばって守る必要がないんです。


自分じゃなくて他人を見てください。
だいたいこの程度ってわかるでしょ?
そこから話をもれば、もったなってところまでわかる。

自分もそうです。


だからダメな自分やわかっていない自分が出たとき、なにも恥ずかしがらなくていい。


隠しているつもりなのは自分だけです。
隠せていないんです。

人は生き様を隠すことは出来ません。



技術を上げたければ、変なプライドは捨てること。
出来るふりをしなこと。
ばれているんならば、いいじゃない。

教えてもらっちゃおうよ。


あなたが出来ると嘘をついて自分を守るから、まわりの人はアドバイスが出来ないんです。
あなたの悪いところもダメなところも全部見えてます。


私たちは自分のことは見えません。

今、こんな状態ですよと言ってもらえる人が、さらに上手くなるんです。


ありがとうございました。
関連記事

この記事へのコメント

kage

はじめまして。ブログを拝見させていただきました。
私も硬式上がりで、軟式再開5年目にしてやっと少し慣れてきたとこかなといった感じです。
このブログに書いてある理論は、自分が飛ばすために意識していることがほぼ網羅されており、もっと早く見つけておけばよかったと後悔しております。特にノックのような気持ちで、というのはその通りだと思います。自分は軽く振った時のスイングスピードが上がるように、十割の時のスイングスピードを上げるべく素振りをしています。
これからこのブログを見ることで強振したい気持ちを抑えたいと思います(笑)

Posted at 16:29:50 2014/02/04 by アダムダン

この記事へのコメント

kage

アダムダンさんへ

アダムダンさん、はじめまして。

読んで頂きありがとうございます。
硬式経験者であれば、逆に力を抜いた方が飛びます。

10年かけてたどり着いた答えです。
勝ちに徹する合わせ振りと楽しむ満振りを使い分けられるといいかもしれません。
10割でも確率は低いですが、行くときは行きます。
それはそれで最高の気分になれます。

私の軟式の打ち方理論は、すべて合っているとは思っていません。
いいとこ取りで構いません。
合うものを取り入れて、もっと楽しく野球をされてもらえれば幸いです。

ありがとうございました。

Posted at 09:47:33 2014/02/05 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック