2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

自分の力で実績は何ひとつ作れない

kage

2014/04/25 (Fri)

自分の力でこれをやり遂げたいと思っても何一つできないんです。

私はこれを人生でもがいてみて腑に落ちた経験があるので今日は書かせて頂きます。


私が実績を出す前と出さない前とでは上司が違う人なんです。
たくさんの優勝経験も父である監督に集まるまわりのスタッフさんが変わってからです。
いろいろなメソッド、上手く行く方法は書いていますが1番左右するのがまわりの人です。






上司の話・・・



私が若いころの上司は、やらない人だった。
正確にはそういうことが苦手な人だったんです。

でも若かりし頃なので、頭にきてストーブを投げつけた。
「ふざけんな」って・・・・・・・・・・・ 会議では必ず言われた。
火の玉の課だけ、出してくれとお願いした提出物が1件も出ていません。
ちゃんとやってくれ。


えっ?俺たち出したよ。

上司が下を向いて黙っている。
こいつ、またやりやがった。

よくあったんです。
私たちがやったことを机の上にため込んで次の上司に出さないから、お前らだけやってない扱いされた。


「おまえら、腐ってないでちゃんとやれや」
こんなことを言われるのは、よくあることでその他には「頼んだ件はどうした?」と上司に聞けば「わりぃ忘れた」

私たちの仕事は、どんなに頑張っても書類の提出や上司の印鑑がなければ承認されない。
実績として残らないんです。


私の課の社員はこう思った。


やっても無駄・・・




確かにそうなんです。
自分がやれば、もっとやれば、頑張ればきっと報われる日がくるなんてきれいごとです。
永遠に来ないんじゃないか?
不幸になる人の考え方に私を含めてみんなさせられたんです。








その後、法則を知り思考を変えて、まわりの人間を変えます・・・





その経緯は「悟りを開く1」に書いてありますので飛ばします。
お時間の許す方は読んでやってください。
今は手に入れた法則、秘密を無料公開しています。
これはひとり占めしちゃいけないとすべての野球人にお返ししてます。


人間を変えた後に痛感したんです。

私のレールは上司がひく。
私はそこを通らせてもらうだけ。

その実績は確かに私が中心でやったかもしれない。
だけどそれを現実化させたのは、違う人。

火の玉が頭下げんならやってやるよって人が多ければ多いほど、その実績は確実なものとなるのを見せつけられたんです。


謙虚を忘れて感謝を忘れて誠実を忘れた人。
すなわち法則を無視した人には、法則がわかるように神様は突き落とす。



自分ひとりでやれるものは何一つない。

だから「お前が頭下げんなら、手伝ってやるよ」と言ってもらえる人にならなければいけない。








エグザイルオーディション・・・




たぶんダンスのスキルに差はない。
じゃあ誰が選ばれるのか?

誰が選ばれるのかはわかりませんが、落ちる人間はわかる。


名前は出しません。絶対出しませんよ。


立ち振る舞い、謙虚さ、人間としての誠実さが問われている。

ダンスが終わった後は疲れている。
腰に手を当てたくなる。
それをせずに、すっと手を後ろに回して直立で話し手の話を聞く準備をしている人がいます。
この人はたぶん合格。


そういう一瞬の人格を見られている。

革をかぶることは誰にでもできる。
疲れさせて疲れさせて、ふっと気が抜ける瞬間を見逃していないんです。


これは普段から誠実に謙虚に生きている人間は問題ないが、そうじゃない人はすぐに見抜かれます。
私にもわかるぐらいです。
あっこの子、だめだなって。



いや、凄いんですけどエグザイルに入るとなると届かないって話です。
私よりは人格が上なんで誤解のないように訂正しておきます。











祈りの効果・・・





願いは叶わないけど、祈りをささげた人とそうじゃない人には脳波に違いがあった。

夫婦で別の部屋で旦那さんに刺激を与えたら、別室の奥さんの脳波が刺激を受けたと反応した例があります。
人は見えない電磁波でつながっている研究結果が出ています。
それを見つけるまでには至っていませんが、いずれ証明されるでしょう。


イライラしたらイライラした人を引き寄せるって話はあながちない話でもないのがわかると思います。


現に私は経験で自分のメンタルブロックが外れた瞬間、それまでいた人は移動になり、上司まで変わった。

それはあなただけの偶然じゃないですか?
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない(笑)


祈りの話ですが、幸せを願われた人は幸福度があがっていたそうです。


わら人形を使って釘を打つのも効きそうです。




何が言いたいかというと、敵は作らない方が良さそうですよってことです。
打ち負かして、ちくしょうって思われたら、あいつ落ちろって思われちゃうでしょ?

どうでしょうか?あなたの会社は・・・

きっちりその人、落ちてませんか?
つらい人生になってませんか?
みんなにそう思われて願いが叶ってしまったんです。









少しだけ負けてあげる・・・






遊ぼうと誘われる人は、少しだけ負けてくれる人です。
その場を楽しんで最後に負けてあげる。
これが本当の実力者がやっていることです。



子供が何度もトランプやろうって誘ってくるのはなんでしょう?
最後にあなたがうまく負けてあげるからです。


トランプが面倒なら辞めさせる方法は簡単です。
1度完膚なきまでに倒してみてください。
2度と誘ってきませんから。

人はそうやって離れて行くんです。



散々、意見をぶつけ合ったら最後に少しだけゆずる。
「わかりました。無理ならしょうがないです。あきらめます。すいませんでした」

そうすると「ちょっと待ってろ。考えるから」となりやすいんです。



そうやって相手を憎まずに愛される法を使っておいたほうが、あたたが幸せになるようです。

わら人形を使われないように、気をつけましょう。
ひとりでは何一つできませんから。


ありがとうございました。



私が使った法則は悟りを開く1に書いてあります。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック