2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

自分で作ってないから、どうでもよくなる。

kage

2014/06/16 (Mon)

左官の仕事をしている友達とバーに行った。

左官って壁塗りです。
友達は土方の格好です。

ダボダボのぶっといニッカズボンにねじりハチマキ。

BARですぜ。

BARに入るのにそれで行くのかよ。

実は私が誘ったわけではない。
ニッカズボンから「おしゃれなBARを見つけた」と誘われたのだ・・・・・


入ったら、それはそれはおしゃれなBARだった。

はっきり場違いな格好で、バナナフィズを頼む。

生中と焼き鳥、ありませんか?って格好でさらにチョコレート。

「おいおい、またなんで、お前がこんなおしゃれなBARを知ってるんだよ?」

「いや、ここの壁、俺が塗ったんだよ、しかもタイルも貼ったんだ。どうだ見ろ、すごいだろ?ここだ、ここ!この部分は狭くて角度があってむずかしいんだ」

「お、おう、きれいだな・・・」

「だろ?この薄暗いBARでも、目立たせない白!いやぁ、いい仕事した。満足の仕事でお前に自慢したかった」




このなにげない壁。
言ったらBARの1部。

だけど自分で作るとこんなにも詳細に生き生きと話す。
これは俺がやったと。
友達の笑顔も最高で、まさに生きてるぜって顔をしてる。








さて、ここで火の玉の気づきとあなたへの問い・・・






自分の人生、自分で作ってますか?


自分で作ってないから、つまらないんだよ。

どうせ俺なんか、このままやってもレギュラーになれないじゃん。

なにげなく、会社に行ってなにげなく仕事して、上司に少し怒られて、ごますっって「おっ時間だ」ってことで帰る。
学生さんなら、適当に先生の話を聞いてるふりをして、チャイムが鳴ったら「おし」。
友達とくだらない話をしてチャイムが鳴ったら「はあ」席に座る。


この先もとりあえず、決まったレールを歩いておけばいい。


こんな誰かに任せた人生。



見て!俺の人生。ここでこうなって、このときはこうやって切り抜けた。
イヤッハ、楽しいよ。
そんで病気になって、もう治らねえって。
がんけん痙攣なんてかっこいい名前までつけやがった。

だけど見てろよ。俺はこいつを美談にする。
こんなもんで俺の視点が下がるかー。
なめんな神様!
俺の不幸は俺が決めるんだぜ。


そうやって自分で作り上げていれば、何があっても楽しい。


だけどぼ~~~っとしてても1日が終わるから、誰かに任せておくとすごく楽。



私事ですが、最近、病気が治ってきたんです。

顔がぐちゃっと固まってしまうのが、自由になってきた。
少し自信がついてきて、左官の友達のように少しだけ自慢したくなったんです。


私は何かのために、がんけん痙攣を引き受けた。
目的があってそうなった。
全部、自分で決めたことです。

そして少しづつ離れていく。


これが離れたら、次は何が来るのやらと思ってしまいます。

宇宙はバランス。

何かを押し出せば、必ず跳ね返ってくるらしい。



何でも来い。
全部、引き受けて自分で切り開き、自分で作り上げる自信がある。


BARの壁は自分で作らなかったら、きっと目にも入らない壁なんです。
だけどそれは自分で作ったものだから、あなたの中できらきらと輝いている。

今日、この瞬間から、あなたは何をやるの?
あなたは今日この人生で何を作る人なの?

これが見えたら、それが何であれ、あなたは自分の支配のもと人生を輝かせることが出来る。


俺がこの仕事をしたくてしてるんだ。

俺がレギュラーになる男だ。笑いたい奴は笑ってればいい。でも俺はレギュラーになってしまう男だ。
俺がそう決めたから、間違いない。

先生が授業をしに来てるんじゃない。俺が呼んだんだ。
聞きたくて聞いている。



自分で作り上げるには言葉が必要。

言葉はエネルギーです。
あなたがどんな状況でも出す言葉が前向きな言葉ならば、あなたはエネルギッシュな人になる。
言葉が変われば人生が変わる。

お後がよろしいようで。


ありがとうございました。

関連記事

この記事へのコメント

kage

火の玉さん、こんにちは。

ナイスです!

ありがとうございました。

Posted at 11:30:52 2014/06/16 by 清原もどき

この記事へのコメント

kage

清原もどきさんへ

清原もどきさん、こんにちは。

いつもありがとうございます。
またよろしくお願いします。

Posted at 11:31:45 2014/06/17 by 火の玉ボール


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック