FC2ブログ

2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

人はいつからだって、どんな短い期間でも、本気出せば変われる

kage

2014/10/25 (Sat)

火の玉さんは、ビジネス書の読書をしろと言いますが、自分はどうも小説の方が好きです。

小説では方程式は変わらないのでしょうか?



これがもしもやったことのないことなら、私はわかりませんとお答えするのですが、小説も読んだことがあるのでお答えできます。


方程式は変わります。



例えば、野球が上手くなるために、走り込みをする。

走り込みが必要なのは陸上部でしょ?


野球が上手くなるために、股関節を柔らかくする、ストレッチをする。(腰を低くするため)

柔軟が必要なのは体操部です。


一見関係ないように見えるけど、つながってる。




今回の例で言えば、小説はつながります。

漫画や映画は悪くはないですが、厳しいと思ってください。



文字だけを追うと、そこから想像力が働きます。

この想像力の度合いの問題です。

例えば、漫画がテレビ放送決定して見るとがっかりしませんか?


声のイメージが違う。
臨場感がない。
迫力がない。


それは、あなたの想像力を上回ることが出来ないからなんです。


そんなこんなで出来るだけ目から映像や画像を取り入れない方が、その世界に深く入れることになります。

だから小説はOKです。

世界観が広がります。
新しい言葉を使うようになります。
新しい表現を使えます。

これって成長なんです。

違う角度と視点で、世界を見れるようになるのが目的です。


俺ってそんなにスランプでもなくね?

みんなはダメだと言うけれど、これは大丈夫なんだ。

待て、今、言われたことは正しい。


自分よりではなく、ちゃんと色々な視点から自分を見て、表現を変えることが出来るようになります。


小説の位置づけは、新しい言葉、新しい表現の獲得です。

そして、この文字に慣れることで、むずかしい本も読破できるようになります。

最終的には、ビジネス本へ行くことがいいです。


生活の質を上げれば、結果がついてきます。



野球がない休日は、昼まで寝て、起きてもタバコを吸ってテレビを見てダラダラ過ごす。

夜になったら仲間に電話をして朝まで飲む。

彼女がいれば、しかたなくデートして口癖が「だり~」

こんな人が打てるのか?



やっぱり、朝起きてジョグや素振りをして、本を読み、さらに自分の向上をはかる。

いい食事をとって、夜には眠る。

家族や友人を大事にして、1日1日を最後だと思って生き抜く人こそ、ホームランバッターです。



「出来る人は、間違いなくあなたと違う方程式を使ってると思っていい」


その違いを見つけてください。

そしてあなたは思うわけです。

「こんなの真似できねえ、凄すぎる」


そうじゃないんです。

そりゃあ、すごいっすよ。

あなたの現時点よりは、はるか遠くにいるわけです。

出来ないって思って当然なんです。


そこをとりあえず、やるかやらないかです。

出来ないのをわかってて、取りかかれるか、始められるか。


変化を怖がらずに、変われるかなんです。



今は無理だけど、必ずやってやる。



そういう人間が集まったチームが、春コールド負けから、同じ相手に夏の勝利をおさめていく。

これたった3か月ですからね。

人はいつからだって、どんなに短い期間でも、本気出せば変われる。


ありがとうございました。
関連記事

この記事へのコメント

kage

YAMAさんへ

そんなもので全然OKです。
毎日やるってことが、ものすごくパワフルなパワーとなり自分を支えてくれるはずです。

信じて進まれてください。
ありがとうございました。

Posted at 22:00:29 2014/10/26 by 火の玉ボール

この記事へのコメント

kage

ありがとうございます

ありがとうございました!
ビジネス書を目標に1日1ページでも読むことを続けていこうと思います!

ありがとうございました

Posted at 21:08:20 2014/10/25 by YAMA


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック